« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の23件の記事

2005.04.30

真・三国無双4

真・三國無双4(amazon)

いまさらですが、買いました。ゴールデンウィークの暇つぶしとして。まだ始めたばかりですが、あいかわず、バッタバッタと敵をなぎ倒していくのは気持ちいいですな。今回は、護衛武将と一緒に無双攻撃ができるようになったんですね。コレが強力。そしてやっぱり呂布は強い。

それにしても、同じ題材で、同じシナリオで、同じ登場人物で、よくもまぁシリーズが続きますな。感心します。まあ買う人がいるから作るんだろうけど。このあと、間違いなく猛将伝が出るんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.28

エースコックの「池袋大勝軒中華そば」うまいよ!

taishokenうちのサイトでグルメのカテゴリーといったら、そりゃもうジャンクフードばかりなわけですが、今回もかなりジャンキー。カップラーメンです。
この「池袋大勝軒」はノンフライ麺だけど量が大め、しかも食べ応えのある太麺で、がっちり腹にたまります。汁もうまい。最近ハマってます。

カップラーメンってジャンキーだけど、実はそんなにカロリー高くなくて(このラーメンも438Kcal)、値段も安いので、ダイエット食としても結構いいと思うんですけどね。やっぱジャンキーだから体に悪い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.27

キリンジがコロムビアに移籍してた

キリンジのアルバムをiTunesにつっこんでいて、「そういえば、最近アルバム出てないなー」と思ってオフィシャルサイトに行ったら、なんと東芝からコロムビアにレコード会社を移籍してました。知らなかった・・・。

結局東芝で出したオリジナルアルバムは「For Beautiful Human Life」一枚だけですか。さびしい。

For Beautiful Human Life(amazon)

おまけに弟さんのほうが「馬の骨」というソロユニット名で6/22にシングルを出すらしいですよ。アマゾンで予約中↓

燃え殻/Red light Blue light Yellow light(amazon)

最近バラでの活動が多いみたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AIR 第2巻

AIR 2 通常版(amazon)

AIR DVDの第2巻です。第1巻のレビューはこちら

霧島佳乃編クリアってところですね。ゲームのストーリーちょっと忘れてたんで、ああこんな話だったなと思い出しました。そして、こういうふうにアニメにしたんだなぁと。久しぶりだったんで、ちょっとウルウルきちゃいましたよ。まだ4話しか終わってないのに。ただクライマックスの、昔の記憶がよみがえってくるシーン、ちょっと画的に安易だった感じがして、ちょっと違和感がありました。

ところで、オーディオコメンタリーを聞いていると、演出に凝っていることがわかりますね。ああ確かになぁと思います。プラグインとかモデリングとか、ツールの名前が良く出てきますが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.25

スタパブログ

物欲番長でおなじみのスタパ斎藤氏がついにBlogを立ち上げました!一年前にニセBlog騒ぎがありましたが、今度は正真正銘、スタパ氏のBlogです。って、やっぱりインプレスなんですね・・・。

ガンガン変なブツを紹介したり、ダメなブツに厳しいツッコミをしたりして欲しいんですが、他の連載記事との違いが出せるのか、というのも心配です。スタパデイズのように猫写真ばかりの日記サイトになるかも。まあ、それはそれでいいですけど。

サイトはこちら↓
スタパブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.24

「自動更新」というリスクを考え直そう

ウイルスバスター、パターンファイル更新でCPU使用率100%になるトラブル(Internet Watchより)

ウイルスバスターのパターンファイルの不具合で、個人だけでなく、企業向けPCにも被害というニュース。こういうのって、いつかは起こるんだろうなぁと思ってました。むしろ今まで無かったのは、ソフトメーカー側の努力の賜物だと思います。

前々から、ソフトの自動更新というのはリスクが高いんじゃないかと思っていました。特にウイルス対策ソフトは、バックグラウンドで動いているぶん、ユーザーが意識しません。確かにウイルスも脅威ですが、ウイルス対策ソフトもソフトですから、「そんなにウイルス対策ソフトを信頼しきっちゃっていいものだろうか?」と、個人的に疑問を持ってたんです。企業は、ウイルス対策ソフトのアップデートにもリスクがあることを、改めて考えなおす必要があるのかもしれません。

ウイルス対策ソフトの競争は激しいですから、今回の件は少なからず影響するでしょう。トレンドマイクロがいかに信頼を回復するかが、今後の見どころです。

実は私もウイルスバスターのユーザーなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.22

Killing Timeのライブ映像

kt

「EARTHDAY LOVE&MUSIC DAY/2005」というライブの中継が、CSのMUSIC ON!TVで放送されました。出演はKilling Time(ゲスト:小川美潮)、カーネーション、そしてムーンライダースでした。なんというか、非常にツウ好みの顔ぶれですな。なかでも私のお目当てはKilling Timeでした。
Killing Timeは、デビュー当時のゴンチチをサポートをしてたり、一時期すごい好きだった小川美潮さん(今でも好きですが)のサポートをしていたりして、実際のライブは見たことはないのですが、非常に身近に感じるバンドでした。とても摩訶不思議な曲を演奏するバンドです。しばらく音沙汰がなかったのですが、最近また活動を再開したようです。
久しぶりに見たKilling Timeのメンバーは、いいオッチャンでした。そして久しぶりに見る小川美潮さんは、やはりいいオバチャンでした。音楽は相変わらず淡々と、摩訶不思議な世界を作り出していました。

それにしても、Killing Timeのライブ映像って貴重だなぁ。次はいつこんな機会があるかわかりませんぜ。

下のは昔出したベストアルバムの再発盤。
フィリング・タイム・ウィズ・キリング・タイム(amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Classic Dub Classics/藤原ヒロシ

Classic Dub Classics(amazon)

藤原ヒロシ氏のDubアルバムが出ていたので購入。それにしてもこのジャケは・・・ムサクルシイというか。
クラシック音楽をDubアレンジした曲集ですが、彼の音楽をよく知っている人にとっては、いつもの感じというか、トラック使いまわし感があるので、目新しさを求める人なら、買わなくてもいいと思います。私もその一人。
彼のDubを知らない人にとっては新鮮かも。また、有名どころのクラシック音楽をつかっているので、その辺も聞きやすいかな。心を落ち着かせたいときに。

ただ、彼のDubなら、私はこちらのほうがオススメ。もうずいぶん前に出たヤツだけど。
HIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCE(amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.20

Fingering Christmas/ゴンチチ

christ
Fingering Christmas(amazon)

ゴンチチ全アルバム?レビューの9回目。
「Fingering Christmas」は1990年にリリースされたミニアルバムです。

ゴンチチには珍しい企画モノの、全7曲のクリスマスミニアルバムです。「そりすべり」、「ホワイトクリスマス」といった定番クリスマスソングのカバーや、スカパラホーンズとのコラボ曲、初のサントリーホールでのコンサートで収録した曲など、なかなか聴き応えのあるラインナップになっています。また、ゴンチチオリジナルのクリスマスソング、「Green Christmas」はずばり名曲です。胸にグッときます。

期間限定なところもあり、今では非常に手に入れにくい一枚ではありますが、もし中古で見つけたら、ぜひゲットしましょう。

個人的お気に入り度:★★★★★
オススメ度:★★★★★

※ゴンチチアルバムレビューのインデックスはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.17

ToHeart2

ToHeart2 通常版(amazon)

コンプリートしました。伝説の萌えゲー「ToHeart」の続編ということで、かなりの方がすでにプレイ済みだとは思いますが、いまさらながらプレイしました。偉大な前作に追いつけるか、というのが一番気になるところでしたが、プレイした感想は、「まあまあ良く出来た萌えゲー」ですね。前作から今まで、数多くの萌えゲーが前作をお手本に作られていきました。本作は直系の名を与えられましたが、結局はそれら数多くのうちのひとつという線は越えられなかったかなぁと思います。むしろBGMを使いまわしたりしているのが逆にあざとい感じがしました。
今回はフリーのWindowsプレイヤー、「委員ちょすきすきー」で全部プレイしました。PS2では一度もプレイしてません。これは本当に良く出来てます。こんなの作られたらメーカーはツライでしょうな、いろんな意味で。

以下、キャラ別感想です。ネタバレ含みます。

柚原このみ
年下幼馴染み。近くにいるがゆえに・・・という定番の展開。ちょっとヒロイン級としては、ストーリーが弱かった感じ。ちょっとお子様過ぎる感じがするのは声のせい?主人公より寝起きが悪いっていうのは珍しいかも。

向坂環
典型的な振り回し系姉ちゃん。タマ姉。萌える展開でいい感じですね。しかもエロい。バン、キュ、ボンだし。

笹森花梨
電波系元気っ子。これは最悪。全然感情移入できない。なんで主人公はここまで振り回されてるのに、最終的にくっついちゃうのか?ネットで見た感想に「シナリオのせいで不遇なキャラ」と書かれていた。なるほど、そういう見方もあるのか。

姫百合珊瑚&瑠璃
大阪弁双子キャラ。一人がボケキャラで、もう一人がしっかりモノというのは、よくある双子設定。そしてToHeartならではのメイドロボも。相思相愛の双子同士、そして心を持ったアンドロイドという、表向きには萌えだけど、実は結構な三角関係。エンディングが萌え展開でニヤケます。

十波由真
典型的なツンデレキャラ。「これで勝ったと思うなよぉ~!」ラブコメ展開はやってて楽しい。でも表と裏のギャップが大きすぎたのがちょっと違和感があり。親が決めた将来に対する疑問というのがテーマだと思うけど、ちょっと詰めが甘い感じがする。ところで女性は執事になれるんだろうか?だとしたら主人公が婿入りしてダニエルに?

ルーシーマリアミソラ
不思議宇宙人。るーこ・きれいなそら。実はアンドロイド・・とかいう設定かと思ったら、そのまま宇宙人で行くのでびっくりした。ToHeartでいうマルチシナリオ以上の、恋愛モノとしてはトンデモ系なシナリオ。他のキャラとの絡みがたくさんあって、やってて一番楽しかった。もっと宇宙人っぽいことをしてくれたほうが面白かったかも。

小牧愛佳
委員長キャラ。頼まれたら嫌といえない性格。このゲームで一番よく出来たシナリオ。泣ける。ちょっと声がおとなしすぎというか、もうちょっと特徴があってもよかった感じ。郁乃に対する感情移入ができなかったので、もっと早めに出しても良かったかも。

草壁優季
オマケシナリオだが、挿入歌があったりして気合が入っている。ストーリーは女の子向けファンタジーみたいで、なんだかやっているほうが恥ずかしくなってくる。ラブコメ的ドタバタとかが欲しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.16

ダメダメ中・・・

ここのところ、あらゆることに全然集中できなくて、何もかも中途半端です。
今週は、それが一気に吹き出たかんじになり、会社を二日も休んでしまいました。なんかもう全然だめ。

なんか年明けから春先は、こういう状態になりやすいみたいで、去年の今頃も似たようなことを書いてました。
本気で一度カウンセリングとか受けたほうがいいのかも。
別にそれで全てが解決しなくても、いったん吐き出すことですっきりするなら。

別に仕事が暇なわけではなく、逆に責任重大な仕事を抱えているので、早く何とかしないと、周りに迷惑をかけてしまいそうです。
実際今週はかなり周りに迷惑をかけてしまったし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.11

カッパの飼い方

カッパの飼い方 第1弾/「かぁたん来る」(amazon)

放送コンプリートしました。CSのアニマックスで放送していた5分間アニメです。サイトはこちら

原作の雰囲気は良く出ていたと思います。かぁたんも可愛かったし。でも全26話とはいえ5分間っていうのは短かった。オチひとつ付けたら終わりって感じです。原作が4コマ漫画だったらまだ許せるんだけど。
なによりも、これから原作が面白くなるってところで終わっちゃったのが残念。坂本さんの暴走っぷりが観たかったのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.09

Like A Queen feat.SOULHEAD / 冨田ラボ

Like A Queen feat.SOULHEAD(amazon)

キリンジなどのプロデュースでおなじみ、冨田恵一さんのソロプロジェクト、冨田ラボの2005年再始動第一弾シングルです。シンガーにSOULHEADを迎えて、ポップでファンク、疾走感あふれるカッコイイ曲になっています。やっぱりこの人の作る曲は、自分の波長にぴったり合うというか、気持ちいいです。

今年は、季節ごとに一枚ずつシングルをリリースし、年末にはアルバムが出るみたいです。期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.08

AIR 第1巻

AIR 1 通常版(amazon)

放送中は観れませんでしたが、あまりにもネットでの評判がいいので、DVD買いました。TVアニメのDVDを買ったのは「あずまんが大王」以来です。

なるほど、これは素晴らしい。アニメで出来る限り原作のよさを出した作品だと思います。まだ2話だけなので、ストーリー的な再現具合は判断できませんが、雰囲気は非常に伝わってきます。特に強烈に感じるのが色使い。ある意味原作以上?にデフォルメされた空の色が、AIRという作品を印象付けています。そして関心?したのが音楽。OP曲を含めて、ゲーム音楽をそのまま使っているのがすごい。大体こういうときはセールスを期待して、「いかにも」な人の新曲をもってくるもんだけど。商売っ気がないんでしょうか(^_^;
ただ、2話だけ観ていて唯一違和感を感じるのは、ストーリー展開の速さ。原作のゲームがゆったりしたテンポで進んでいくので、アニメのほうがちょっとせわしなく感じてしまいますね。1クールだから仕方がないんだと思います。

それにしても晴子さんいい味出してるな。最後はきっと号泣させてくれることを期待します。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.06

スクールランブル

スクールランブル Vol.1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

いやー、すばらしい。笑わせてもらいました。キャラかわいいのに、すっげーくだらねえし。そしてそういうくだらないところに、すっげー力入れて作ってるし。展開が読めないどころじゃない、なんかこう、自分の斜め上を行ってるアニメでした。今期一番終わって残念だったアニメです。

あまりにくだらなかったので、どこまで原作に忠実なのか気になってしまって、コミック買い始めてしまいました。そしたらこれが結構原作どおりなんで、原作者が神ってことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.05

「みんな大好き塊魂」発売日決定!

個人的に大プッシュの素敵ゲーム「塊魂」の続編、「みんな大好き塊魂」の発売日が、7月7日に決定!

アマゾン予約はまだっ!?まだなのっ!?早くっ!早くしないとっ!ああっもうっ!急いでっ!

塊魂オンザウェブ

5/21追記
予約開始されました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞-HiME

舞-HiME 1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

サンライズが作る萌えアニメって聞いたから期待して観てたのに、こんなの萌えアニメじゃねーっ!女の子たくさん出てきても、結局ロボットっぽいものが出てきて戦い合っちゃうってのは、やっぱりサンライズアニメなんですな。最初のほうこそはラブコメっぽいところもあったけど。

アニメのレベルという意味では、さすがサンライズといったところだけど、後半ドロドロ、最後はみんな生き返って大団円ってのは、ちょっと安易なストーリーじゃなかったかなぁと思います。先の展開が読めちゃって、サプライズがなかったのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.04

ジパング

ジパング Vol.1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

かわぐちかいじ原作ということで、面白さは保証付きですが、アニメの出来としてもよかったと思います。それにしても、色々と考えさせられるストーリーですね。人々が殺しあうのが当たり前の世界で、防衛という概念をどれだけ守り通せるのかという問題、そしてそれを固持した結果、過去の日本に対しても孤立してしまうというジレンマ。戦争というのが、いかに狂った世界であるかを教えてくれます。

私は頭が悪いのか、草加が結局何をたくらんでいて、角松が何を止めようとしていたのかが、あまりよく分かりませんでした。原作もまだ続いているようですし、アニメも続編を作るかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がちゅみり終了!?

ここでも何度か取り上げている、エロゲメーカー「すたじおみりす」の人気Webラジオ、「がっちゅみりみり放送局」が4/1の更新を持って終了らしいです。毎年がちゅみりは4/1にエイプリルフール企画を上げていたので、今回の告知もネタであろうと思いたいのですが、声優の児玉さとみさんのサイトからでも、どうやら本当らしいです。非常に残念。

CD買ったり、ファンクラブに入ったりと、個人的にはいろいろと尽力したつもりなんですが(あ、ゲーム買っていないや)、最近はサーバーのアクセス過多など、運営面でも結構辛かったみたいです。

次の企画も考えているようですが、今までWebラジオとしては異例の三年も続いたのは、児玉さんとカンザキさんのトーク能力(あとメイメイのキャラ)のおかげだと思っているので、人が変わったら大丈夫かなぁと思います。個人的には、「2」とか「リターンズ」とかくっつけて、そのままのメンバーで再開してもらうのが嬉しいんですけど。

まあ、次の展開に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.03

BECK

BECK DVD(1)(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

よくぞここまで、感心しました。こういう音楽を題材にした漫画のアニメ化って、すごく難しいと思うんですよ。「歌がうまい」とか「音がすごい」とか、漫画ではどうとでもなるけど、アニメでは実際にそういう音を出さないといけないわけで、そこで観る人を納得させられないと、アニメ自体がウソッパチになってしまうわけです。そういう意味でこのアニメは、十分に内容に耐えるものだったと思います。作品中に出てくる曲もいいし、他のバンドの選曲もいい。なにより一番感心したのは、ボーカルの二人に対して、声優さんと、その声優さんの声に合わせたボーカルの人を別に用意したことです。このおかげで、「歌がうまい」という設定に対して、説得力が出たと思います。また、一瞬出てくるミュージシャンや、声で参加しているミュージシャンなど、音楽好きならニヤリとできるのも楽しかったです。

もっと観ていたい作品ではありました。特にアメリカツアーがスライドショーなのは寂しい。じゃあ原作でってことになるんですけど、前から読んでみたいと思ってるんですけど、なかなかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

Devonian Boys/ゴンチチ

devon

Devonian Boys(amazon)

ゴンチチ全アルバム?レビューの8回目。
「Devonian Boys」は1990年リリースの8枚目のオリジナルアルバムです。のちに海外でも発売されました(写真右が海外版)。

前作「In the Garden」からの流れ、デュオ形式にとらわれないスタイルが完全に確立し、油の乗りきったお二人の、それぞれの個性が非常に良く出たアルバムです。個人的にも大好きなアルバムで、特に代表曲「風の国」は、初めて聴いたときに軽いショックを覚え、「これでブレイクしちゃうかも!?」とか思ったりしたことを覚えています。

ちなみにタイトルの「Devon」とは、昔の地球の歴史の分類上の「デボン紀」のことで、つまり「デボン紀の少年達」という意味になります。アルバムには「Silurian Girls」、つまり「シルル紀の少女達」というタイトルの曲も入っています。他にも、ゴンチチならではの意味深・不思議な曲タイトルもこのアルバムでは満載です。

ポップな曲あり、牧歌的な曲あり、叙情的な曲ありと、演奏もさることながら作曲においても素晴らしく、名曲揃いのアルバムです。オススメ!

個人的お気に入り度:★★★★
オススメ度:★★★★★

※ゴンチチアルバムレビューのインデックスはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巌窟王

巌窟王 1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

前田真宏監督の海外古典文学のアニメ化という鳴り物入りで始まったこのアニメ、さすがに映像、演出、舞台設定と、かなり気合の入った内容で、見ごたえ十分な作品でした。特にセル画にテクスチャを貼り付けたような表現など、映像美は突出した出来でした。ストーリーも復讐劇ということで、見逃せない展開で面白かったです。

それにしても思ったのは、お金のかかった作品だなぁということ。これは明らかに、海外での販売も考慮したうえでの、力の入れ方ですね。内容的には、アメリカより欧州のほうが受け入れられそうです。当たるといいなと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

tactics

tactics 1 (初回限定版)(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

妖怪退治モノですね。普通に面白かったです。ストーリーも作画もそれなりにはクリアしていて、安心して観れましたが、突出したところがなかったかなという感じです。ストーリーも完結してないし。これは原作が続いてるから?よく知りませんが。

最終話はちょっと悲しい終わり方でしたね。でもどうせならもっと前のほうから引っ張ってもよかったかも。

ところでなぜタイトルがtactics=戦略なんでしょうか?謎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »