« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の24件の記事

2005.03.30

ファンタジックチルドレン

ファンタジックチルドレン 1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

今期終了したアニメの中でも大穴。正直、ここまで惹き付けられるとは思いませんでした。「萌え」が氾濫する最近のアニメに全く媚びることの無い、ノスタルジックを感じるキャラデザと、伏線張りまくりでチンプンカンプンな前半の展開。正直最初は敷居が高い感じがしますが、それらを乗り越えると、中盤から話が見え始め、後半は、ちりばめられた伏線がジグソーパズルのように次々とつながっていくのが気持ちよくて、気がつけば目が離せないアニメになってました。お見事!

遠い星での生と死を操る技術、そこで起きた悲劇に巻き込まれ、悲しい転生を繰り返す地球の子供達。派手な展開はないけれど、神話を思わせるようなストーリーでした。

このアニメを観ようと思っている方は、ぜひ最初の10話くらいはガマンして観てください。オススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴンチチ・アルバムレビュー・インデックス

ゴンチチのアルバムレビューがたまってきたので、インデックスを作りました。
レビューを追加するごとに、この記事も更新します。
全てを網羅するまでは、まだまだ長い道のりですが・・・。

第1回 「Another Mood+脇役であるとも知らずに」
第2回 「PHYSICS」
第3回 「SUNDAY MARKET」
第4回 「冬の日本人」
第5回 「マダムQの遺産」
第6回 「In the Garden」
第7回 「Body of Gontiti & Spirit of Gontiti」
第8回 「Devonian Boys」
第9回 「Fingering Christmas」
第10回 「KIT」
第11回 「無能の人 O.S.T」
第12回 「GRAVITY LOVES TIME」
第13回 「日曜はダメよ O.S.T」
第14回 「ぼのぼの O.S.T」
番外編その1 「gate of notion」/ゴンザレス三上
番外編その2 「ふなのような女」/チチ松村
第15回 「VACANCES」
第16回 「Black Ant's Life」
第17回 「LIVE」
第18回 「EASY BUSY」
第19回 「DUO」
番外編その3 「ヨコハマ買い出し紀行ベスト・サウンドトラックス」
第20回 「Strings with Gontiti」
第21回 「Red Box」
第22回 「The Best of Gontiti Works」
第23回 「GUITARS」
番外編その4 「Summer breeze」/原田知世

(以下予定)
第24回 「made in Ukulele」
第25回 「gontiti best」
第26回 「A Music Wand of "Standards"」
第27回 「Gontiti recommends Gontiti」
第28回 「gontiti 25th Anniversary CD」
第29回 「『誰も知らない』サウンドトラック」

以下は発売時に書いたレビューです。
「XO」
「我流一筋」
「『歩いても 歩いても』サウンドトラック」
「VSOD」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

月詠~MOON PHASE

月詠 ~MOON PHASE~ PHASE 1 (初回限定版)(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

いろいろと凝ってるアニメでしたね。OP・EDとか、ドリフネタとか、メインストーリーを見せる以外の力の入れ方がすごい。まあ、これでメインのほうがひどかったら目も当てられないんですが、メインのほうもそれなりにちゃんと作ってあってよかったです。ただ、通常の質が高いだけに、逆に手抜きがよく見えてしまうということも度々ありました。

オタクウケ狙いな感じでしたけど、全体的には良作だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UG☆アルティメットガール

UG★アルティメットガール ULTIMATE DVD 1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

エロバカアニメですな。くだらなくてよかったです。古谷徹さんグッジョブだけど、この人はこの先パロディネタとしてしか仕事が来ないような気がします(苦笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.28

2005.3.27 ゴンチチ・ファンイベント「春の宴」

gontiti20050327日曜日に、ゴンチチファンのための特別イベントがありました。人数限定でしたが、ファンクラブ限定ではありません(※)。場所は東京・神宮外苑の「コパ東京」というブラジル料理屋さん。内容はバイキング形式の昼食、密着映像上映会、ミニコンサート、プレゼント抽選会でした。ほのぼのとした雰囲気で、とても楽しかったです。

(※)というか、いまファンクラブは活動休止中なのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.27

グレネーダー・ほほえみの閃士

グレネーダー ほほえみの閃士 Bullet.1(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

まあまあ面白かったです。争いを嫌うガンマンという設定はトライガンっぽい感じがしますが、こちらは萌え要素全開ですね。話題の「おっぱいリロード」を始め、「んなアホな」的なガンアクション満載で、これはこれで素直に楽しむのが正しいんでしょう。ストーリーはいまいちヒネリが足りない感じですが、作画の品質がそれなりに落ちなかったのは評価できます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

デジタルFMトランスミッター FMT-680

FMT-680iPod miniを車内で使ってみたくて、FMトランスミッターを物色。アクティスオカモトという会社のFMT-680というのを近くのLAOXで買いました。トランスミッターとシガーライターソケットの一体型、デジタルチューニング方式、液晶付きで、88.1~89.9MHzを0.1MHz単位で設定できます。

ウチの車はBMWのNEW MINIで、この車はシガーライターが奥まったところにあるので、物理的にささるか心配だったのですが、うまくささりました。ドリンクホルダーにiPod miniを置くと、非常に具合がいいです。音質はもちろんFM音質ですが、それ以外のノイズは特になく、かなりクリアです。実売5230円と、他のものに比べるとちょっと高かったけど、コレは当たりかも。オススメです。

こちらに詳細のレビューを見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンキ・エクステンド

TVアニメーション ジンキ・エクステンド スターターブック(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちら

ロボットアニメです。人気コミックのアニメ化、ということらしいですが、原作は知りません。知らない立場で観た感想としては、作画の完成度は高いけど、演出的にはイマイチといったところ。他の人の感想を読む限りでは、ストーリーを詰め込みすぎで、かなり飛ばしたところがあるとのことで、確かに、ストーリーの表面的な部分だけを流して、内面的な部分が表現し切れていない感じはしました。

個人的には、話題になったガ○ダムの構成をパクッたOPが嫌い。それ自体も気に入らなかったし、あの曲があまりに矢井田瞳っぽすぎて気持ちが悪かったです。何か本人と関係があるんでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

かまいたち/宮部みゆき

かまいたち(amazon)

読了しました。宮部みゆきさんの時代物ミステリー短編集です。宮部さんの本を読んだのは結構久しぶり。

「かまいたち」
「かまいたち」と呼ばれる辻斬りの現場を見てしまった町娘と、その直後からその娘の周りに現れた男の話。町娘はその男を「かまいたち」と思い込み、自分を始末しに来たと思うが・・・。この町娘の心の葛藤がよく描かれていて、引き込まれます。

「師走の客」
ある宿に毎年泊まりにくる商人、その商人は毎年泊まり賃の代わりに、金で出来た干支の置物をひとつずつ置いていくが・・・。話が短いので、ちょっと堪能する前に終わってしまうのが残念。

「迷い鳩」
小料理屋で働く町娘のお初は、ある日、町を歩く一組の男女の服に血がついていると言いはじめるが、それはお初にしか見えなかった。それを機にお初は、その男女の周りに不吉な場面が見え始める・・・。後に「霊感お初」というシリーズの主人公になるお初の初登場作品。時代物+超能力物という、まさに宮部さんならではのミステリー。

「騒ぐ刀」
ある同心がふとしたことで手に入れた脇差は、夜な夜な叫び声をあげる、不吉な刀だった。不思議なものが見えてしまうお初は、その叫び声がある頼みごとに聞こえ、行動を起こす・・・。「迷い鳩」のお初が再び登場。この話が、先の展開が最後まで読めず、動きもあり、一番面白かったでした。

この本は、宮部さんのデビュー当時、あるいはその前に書いたものを手直しした、かなり初期の作品集です。最近の長編作品を読んだあとでは確かに物足りなさを感じ、ミステリーとしてもちょっと読み応えが無い感じがしますが、短いので軽く読めるし、宮部さんの時代物をはじめる一冊としては、まあまあではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

愛・地球博は様子見。

交通、食事など問題が露呈 3日間の事前内覧会が終幕 (Sankei Webより)

25日から愛・地球博が公開されますが、事前内覧会はかなり不評でしたね。特にITmediaではかなりご不満の様子。リニアが重量オーバーでストップとか、弁当持込禁止だけど中のレストランがバカ高&ゲキ混みとか、運営面はこれからといったところでしょうか。

それよりも、あまり行きたいと思わないところが問題。目玉の展示はいろいろあるみたいだけど、どれも個人的にグッとくるものがない感じです。行けばそれなりに楽しめるんだとは思うんだけど。

事前の知識がなかった分、去年行った浜名湖花博は予想以上に良かったんですが、今回はどうだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

PC6001&PC8001本

みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001 CD-ROM1枚(Windows 2000、XP対応)(amazon)

前にウチでも紹介したPC9801本の続編ですね。往年のNEC8ビットパソコン、PC6001とPC8001を特集したムックです。

PC9801本同様、当時の開発者やゆかりのある人たちのインタビューとエミュレータを使った当時のゲームが収録されています。PC9801はソフトが豊富だったので、ゲームやビジネスで使うという人がほとんどでしたが、8ビットパソコンの時代といえば、ほぼみんなホビープログラミングが中心だったと思います。そう意味では、出版元のアスキーはちょっと弱いのですが、そこはぬかりがなく、I/O誌の芸夢狂人氏やベーマガのBug太郎氏など、他社雑誌で活躍された伝説の投稿プログラマーのインタビューや、名著「こんにちはマイコン」作者のすがやみつる氏、現チュンソフト代表の中村氏、電波新聞社でナムコゲームの移植をしていた「なにわ」氏など、今回もインタビュー記事が充実しています。

逆に言うと、当時の市販ソフトにコレといったものがなかったせいか、添付のCD-ROMの充実度はちょっとイマイチです。電波新聞社の「タイニーゼビウス」でも入っていたら最高だったんですけど。

他の8ビット機の写真などもあり、当時を良く知る人にはたまらない一冊です。
ところで次はX1本が欲しいです>アスキーさま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

散髪日和

お昼、近くの床屋に散髪に行った後、そのまま帰るにはもったいないくらいのいい天気だったので、立川の昭和公園へ散歩に行ってきました。

showa050321_01

showa050321_02

showa050321_03

showa050321_04

中は親子連れ、カップル、そしてカメラを首に下げた人たちでいっぱいでした。そんな自分もデジカメを持ってこなかったことに後悔。というわけでケータイのカメラで失礼。
昭和公園は、有料(400円)なだけあって隅々まで手入れが行き届いていて、とても気持ちがいいです。それに中にいる人たちも、わざわざお金を払って公園に来ているだけあって、マナーがいいですね。落ち着いてます。

2時間ほどかけて、公園の端から端まで、好きな音楽を聴きながら散策して、それから家路に着きました。ていうか、2時間歩いただけで股関節が痛くなるのって情けない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

カッパの飼い方 第4巻

カッパの飼い方 4 (4)(amazon)

本屋さんに行ったら、「カッパの飼い方」の第4巻を見つけたのでゲット。第1~3巻の続きです。

面白かったです。3巻で出てきた西洋河童のピエール、いつのまにか一緒に面倒見始めてます。ピエール、変に奥ゆかしいところが面白いです。そして坂本さんの暴走っぷりがすごい。最初は主人公のマドンナ的な役割のはずだったのに・・・。

4巻目まで行くと、登場人物の特徴が固まって、なんという慣れがでてきますね。ただ、ギャグの落としのパターンがだんだん決まりつつある感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.17

応急処置的なPSXのPSP対応

ソニー、録画コンテンツをPSP用動画にダビングできる「PSX」(AV Watchより)

同じプレイステーションシリーズながら、PSPとPSXとの連携がないことに非難ごうごうだったわけですが、やっとPSPとの連携機能を持ったPSXが発表されました。されましたが・・・。

MPEG-4への再エンコードで4~5倍の時間がかかるって・・・。

これはハードウェアはそのままで、ソフトウェアエンコードで何とか対応してみたって感じですね。正直言って応急処置的な対応がありありです。なんか力が入ってないなぁ。ソニーはPSP売る気があるんでしょうかね。せめて過去全機種でアップデートで対応っていうのなら、まだわからないでもないですが、ニュースリリースを見る限りでは、初期型(7000/5000/7100/5100)では対応できないみたいですね。CPU性能のせいなのか、それともメモリ不足なのか。ウチは5100なので期待できそうに無いですが、まあ対応できたにしても、4~5倍も時間がかかっちゃ、使う気ないですけど。

まあ、今回はこれでもいいでしょう。でも次発売される「スゴ録」や「PSX」にPSP連携(ハードウェアMPEG-4エンコーダ)がなかったら、本気でがっかりします。本当にソニーは「つながり」がないんだと。

裏編集後記さんもやっぱり採り上げていたのでトラックバックしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

Body of Gontiti & Spirit of Gontiti

b_and_s

BODY OF GONTITI(amazon)
SPIRIT OF GONTITI(amazon)

ゴンチチ全アルバム?レビューの7回目。
「Body of Gontiti」と「Spirit of Gontiti」は1989年にリリースされた、ゴンチチ初のベストアルバムです。豪華に2枚同時に発売されました。

3枚目のアルバム「PHYSICS」から7枚目のアルバム「In the Garden」までの中から、「カラダに気持ちいい曲」と「ココロに気持ちいい曲」をテーマにそれぞれ選曲し、さらに2曲ずつ新曲を加えて、2枚のベストアルバムになりました。

この2枚のアルバムは「ゴンチチ入門」として、初めてゴンチチを聴く人たちに特に人気があります。これまで出た他のアルバムは、今は次々と廃盤になっていますが、このアルバムだけはいまだに在庫があるので、比較的手に入れやすいアルバムです。とはいっても、今はもっといいベスト盤があるので、わざわざこれを買う必要はないでしょう。

私自身はというと、実はこの2枚のアルバムはほとんど聴きませんでした。なぜなら、このアルバム発売当時、すでに全部のアルバムを揃えており、自分でオリジナルの「ベストオブゴンチチ」テープを作っていたからです(90分テープ2本組!暇でしたねぇ)。なので、オススメは出来ますが、残念ながら思い入れはあまりありません・・・。

個人的お気に入り度:★
オススメ度:★★★

※ゴンチチアルバムレビューのインデックスはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.14

ゲーム理論で勝つ経営

ゲーム理論で勝つ経営 競争と協調のコーペティション戦略 日経ビジネス人文庫(amazon)

栗原さんのBlogで前に紹介されていた本、面白そうだったので読んでみました。
「ゲーム理論」という言葉は知っていましたが、実際どういうものなのか私は全然知りませんでした。この本は、実例を元に、わかりやすい説明で教えてくれます。

ビジネスは、ただ目先の競争相手にケンカを吹っかけるだけでは、反感を買い、対抗されて、どちらも損をすることがよくあります。競争相手だけではなく、顧客や供給者、そして補完的生産者まで含めて、それぞれの関係、さらにその先の関係、また、自分の思惑、自分が思っている相手の思惑、相手が思っているであろう自分の思惑など、先を読んで対応することで、みんなが利益を得られる(よくWin-Winと言われますが)または納得する結果を得ることができることを、この本ではその方法を順を追って説明しています。

この本は翻訳書なので、実例は主にアメリカでのできごとが多く、個人的にはあまりピンとこないところもありますが、任天堂やセガなどの家庭用ゲーム機業界、インテル・マイクロソフト・IBMなどのIT業界も例に挙げており、そのあたりは納得できます。

上から指示されてがんばって仕事をしていても、なかなかプロジェクトの成果が出ないというリーダークラスの方々は、一度読んでみることをオススメします。自分の周りにどんな人たちがつながっているのか、それぞれどういう考えでビジネスをしようとしているのか、視界が広がること間違いなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

PDA?といえばウルトラマンPC!

pt110.jpg

3月お題:皆さん想い出のPDAは?(「木村剛モノログ横丁」より)

モノログ横丁で気になったお題があったのでトラックバック。PDAは、今までにPalm系ではVisor、CLIE、PocketPCではPocketLOOXを使ったことがありますが、どれもちょっと面白がって触った程度で、一年も経たずに手放してしまいました。興味はあるけど、飽きっぽい性格なので。

そんななかでも私が一番思い入れがあったのが、IBMの手のひらDOS/VマシンPalmTopPC110。これをPDAといってよいのか分かりませんが。95年の発表時、ものすごい衝撃を覚え、当時の聖地だった秋葉原のT-ZONEで予約して買いました。デジカメカードやMIDIカードを挿したり、NIFTYのフォーラムで情報をかき集めたり、変なパーツを付けてみたり、周りに見せびらかしたりして、色々と遊びましたね。特にパソコン通信端末・ログビュワーとしてはよく使った覚えがあります。楽しいマシンでした。

そうそう、ChipCardなんてものも持ってました。これでテトリスやりまくった思い出が。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

機神咆吼デモンベイン

機神咆吼デモンベイン通常版(amazon)

コンプリートしました。長かったぁーーーっ!ここ2週間くらい、blogの記事が少なかったのはコイツのせいです。

PCゲームのPS2移植版ですね。PC版発売時はかなり評判が良かったことを覚えています。ゲームはアドベンチャーゲームで、ストーリーはいわゆる熱血ロボットモノですが、今までと違うのは、ロボットの動作原理が魔法である、ということですね。

感想としては、ストーリーとしては面白かった、けどいろいろ辛いところも・・・といったところです。ストーリーはかなり力が入っていて、特にマルチエンディングで後半の展開がかなり違うというのがすごいです。アクションももちろんですが、笑いあり、涙あり、少年ジャンプばりの展開ありと、ツボの押さえ方も気持ち良いです。あと主人公を含めフルボイス、声優さんも有名どころを固めていて、その辺もかなり堪能できます。

辛いのはまず長さ。一度クリアしても、後半の展開の違いなどもあり、なかなかスキップできません。あとはシナリオの背景が黒魔術(というかクトゥルー神話らしい)なので、かなりオカルティックでスプラッタな表現がたくさん出てきます。それが私には辛かったです。あと、演出目的だと思うんですけど、詩的表現、特に同じフレーズを何度も続けて書いていることが多くて、こういうのがさらにゲーム時間を長くさせています。こういうのはシナリオライターのエゴだと思うんですけど。プレイヤーのことを考えていません。

そしてこのゲームの最も特徴的なところ、それはゲーム要素がほとんどないことです。つまり選択肢のシーンがほとんどありません。だけどゲーム時間はすごく長い。結果としてプレイヤーは、画やムービー付きのドラマCDを聴いているような感じになり、じっと画面を観ているだけ、という状態になります。これはこれでいいのかもしれませんが、だったら普通にアニメで観たいなぁと思ってしまいます。実際、このPS2版のゲームにはオマケでアニメDVDが付いてきますし(これをどのタイミングで観ればいいのか迷った・・・)。

まあ色々と書きましたが、一度はプレイすべきソフトではあると思いました。こういうのはストーリーが要ですからね。

追記:
ゲームプレイ後はこちらがオススメ!かなり充実のデモンベイン用語集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

TOKYO BOSSA NOVA ~outono~

Tokyo Bossa Nova~Outono~(amazon)

「TOKYO BOSSA NOVA」は、Happiness Recordsというレーベルから出ている、主にインディーズシーンで活躍しているミュージシャンの、ボサノヴァテイストのある曲を集めたコンピレーションアルバムのシリーズです。タイトルのは最新作ですが、もう7枚も出ているので、人気のあるシリーズなんでしょうね。私も1枚の中に必ず「これは!」と思う曲が何曲か見つかるので、よく買ってます。

インディーズシーンというと、日本ではパンクロック、ヒップホップ、レゲエなどが目立っていると感じてしまうのですが、いいポップスを歌っている人もたくさんいるんだなぁと、このコンピを買うといつも思います。ガンバレ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.03.11

ユカタンのValueOneレポート

IT戦士、ValueOneに感動(ITmediaより)

ITmediaの「IT戦士」こと岡田有花記者のPCレポートキター!ミッチーのDVD観たり、片っ端から線メリつないだり、保守のお兄さんにアタックしたり、もうやりたい放題ですな。さすが、他のITニュースサイトとは間違った方向に、一線を画してます。

ところでValueOne、テレパソ全盛の中、「シンプル構成のPC」というだけで注目されるのは、むしろ各社があまりにも同じ方向に進んでいたことに気が付いて、別の意味で驚きました。確かに、シンプルなPCが欲しいけど、ちゃんとしたサポートも受けたい、という人にはピッタリなんですよね。他社も追従しそうな気がします。

でも、どこかのニュースサイトでも書いてあったけど、デザインがあまりにもおざなりすぎ。ソフマップの牛丼パソコンのほうがよっぽどカッコいい。特にValueOneのエンブレムは何とかならないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

新しいプリッツのハニーマスタードうまいよ!

pretz3月から新しくなったグリコのプリッツ、ハニーマスタードがうまいよ!ハニーとマスタードという、一見トムヤムクン的な気まずさを感じさせる味の取り合わせだけど、それがウマイよ!どういうこと!

この組み合わせを考えた人は神。そしてこれを置かないコンビニは悪。

でも、たいていこういうキワモノアイテムは、1シーズンで消えていくんだよなぁ・・・マイノリティな味覚の持ち主の憂鬱・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.03.05

iPod mini 6GB購入。

iPod mini Blue 6GB買っちゃいました!

Apple iPod mini Blue 6GB w/USB [M9803J/A](amazon)

今まではMuVo2 4GBを使っていたわけですが、操作性がガマンならんというのと、なんか安っぽいのと、あとはまあなんかいろいろあって、iPod miniが欲しくなったわけなのですよ。amazonで即納だったので、ついぽちっと。
今日届いて、きれいな包装に感動しつつ、開けて動かしてみました。第一印象は、クリックホイールが面白い!最初どう使うか全然わからなかった(苦笑)けど、わかれば確かに直感的です。

鬼門はiTunesですね。こいつをどう使いこなすかが、そのままiPod miniとうまく付き合っていけるかに鍵になりそうなので、色々と試行錯誤します。まずはCDを録音中。

ipodmini0001
左からA1402S、iPod mini、MuVo2。体積・重さはほとんど同じ感じです。

早速、近くのお店でiPod mini用シリコンケースを購入。あと、ACアダプタが添付されていないので、ACアダプタを買おうかと思ったけど、代替品としてセルフパワーのUSBハブを購入。Dockは高いので保留しました。

SANWA SUPPLY PDA-IPOD5BL iPodminiシリコンケース(ブルー)(amazon)
SANWA SUPPLY USB-HUB208WH USB2.0ハブ(4ポート)(amazon)

・・・なんか今年に入ってモノ買いすぎ。しばらくは不用品を処分するほうに力を入れていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

MDウォークマンにカメラ・・・微妙。

ソニー、MP3と新規格「Hi-MD PHOTO」対応MDウォークマン(AV Watchより)

MDウォークマンにCMOSカメラ・・・微妙だ・・・。ケータイにカメラがついて、音楽再生もできるんなら、ウォークマンにカメラが付いてもいいじゃないか!って感じの、苦し紛れの一発ですねぇ。百歩譲って、Hi-MD PHOTOをメディアにしたサイバーショットが出るんなら、まだ分からないでもない。それもかなり微妙だけど。

いまやどのケータイにもカメラが付いているこのご時世に、MDウォークマンにカメラ付けるメリットってなんでしょうね。Hi-MDが普及していない現状では、撮った写真をMDで渡すっていうのもいまいちだし・・・。ジャケット写真が見れるっていうのはいいと思いますけど、それってiPod Photoだし。

ひょっとしたら、iPodにカメラが付く前に先手を打ったつもり?まさかねぇ。

もっと本格的なカメラにするか、動画機能を付けるとか、QRコードが読めるとか、もうワンステップ欲しいですね。

まあ私は全然欲しくないですけど。私の中では、初代NetMDウォークマンで終わってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ大容量化 第一弾!?

ココログのディスク大容量化について(お知らせココログより)

ポータルサイト系のBlogが、相次いでディスク容量を拡大していっているなか、やっとniftyも重い腰を上げました。多分ユーザーから要求がたくさん来てたんでしょうね。とりあえずココログベーシックの容量は30MBから50MBになって、もうちょっと画像をアップロードしても大丈夫かなって感じになりました。

1ギガ2ギガといっている他のポータルサイト系に比べるとまだ寂しい限りですが、niftyのほうも、条件を含めてまだ見直すということなので、期待したいと思います。

niftyの「快適さを優先」という姿勢は評価できますが、それにしては、いまだにアクセス障害がけっこうありますね・・・そのへんはもうちょっと頑張って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »