« これがNHKの抜本的改革? | トップページ | プラネテス »

2005.01.28

エコシステムとコーデック戦略

ソニー、2004年度第3四半期決算。PSPは51万台出荷-「音楽コーディックには戦略的な誤りがあった」 (PC Watchより)
エコシステムの逸話(栗原潔のテクノロジー事評より)

ソニーが携帯音楽プレーヤーのコーデックを自社製のものにこだわりすぎた、というお話。これが、ちょうど栗原さんが書かれている「エコシステム」の商店街の事例と、私の中で被りました。
結局、顧客の利便性を考えず、自社の利益だけに目を向けて製品を開発してしまったため、結果として他社に市場を明け渡してしまったということでしょうか。ソニーの場合、なまじ「ウォークマン」というブランドへの過信と、ATRACという技術があったがためではないかと思うわけです。あれ、これってVHSとベータと同じかも?

アップルのiPodは、すでにあったMP3プレーヤーの市場に逆らわずに、逆に活性化することで成功しました。また、音楽配信によって、音楽の市場も活性化させることができました。

しかし、栗原さんの指摘しているとおり、日本の音楽業界、放送業界などコンテンツを扱う業界では、コンテンツが自分達の手から「離れていく」ことばかり恐れて、顧客が「離れていく」ことには二の次です。そのくせ、自分達の業績が悪いのを違法コピーのせいにしてばかりで、本当になんとかして欲しいものです。

特にこの先、一番起こりそうで怖いのが、「デジタル放送拒否者」です。コピーワンスはだれも幸せにしません。絶対に止めるべきだと思います。

|

« これがNHKの抜本的改革? | トップページ | プラネテス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/2718224

この記事へのトラックバック一覧です: エコシステムとコーデック戦略:

« これがNHKの抜本的改革? | トップページ | プラネテス »