« 冬の日本人/ゴンチチ | トップページ | オフコースの世界 »

2005.01.24

仮面ライダー剣 最終回

仮面ライダー剣(1)(amazon)

放送コンプリートしました。サイトはこちらこちら
「オンドゥル語」で始まったブレイドも終わり。結局滑舌の悪さは・・・。
去年の時も書きましたが、今年も感想を書いてみようと思います。

<以下、ネタバレ>

ジョーカー=始を封印せずに世界を救う手段として、剣崎は自らアンデッドと化することを選び、そして皆の前から姿を消した・・・。
今年は去年と違ってみんなBlogで感想を書いているので、探すのは比較的簡単でした。肯定派は「切ない」という感想が多かったですね。否定派の意見は、シナリオの甘さというか、納得いかないところを突っ込む、といった感じでした。私はというと、終わらせ方は悪くなかったと思いますが、やはり切なさ過ぎますね。他にも色々と解決策はあったのに、結果として剣崎が全てを背負い込んでしまったというのは、確かに納得がいかないという意見も解ります。前回と違って、誰も死ななかったのは良かった、のか?橘が生きていた、という設定はちょっと蛇足気味。

それにしても、去年も書きましたけど、子供はアンデッドのバトルの仕組みが理解できてるんでしょうか?ちょっと難し過ぎやしないかなぁ。まあいいのか、そんなこと。

で、次回作は響鬼です。「オンドゥル語」のような変な祭りはあるんでしょうか・・・。

|

« 冬の日本人/ゴンチチ | トップページ | オフコースの世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/2675933

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダー剣 最終回:

« 冬の日本人/ゴンチチ | トップページ | オフコースの世界 »