« ラヴィ!! | トップページ | 天上天下 »

2004.09.17

球団、減らすは易し、増やすは難し。

ライブドアはプロ野球に参戦できるか?(「週刊!木村剛」より)

日本プロ野球初のスト決行が決まったようです。

私も、合併から新規参入までの今までのいきさつ、関係者の発言などをウォッチしてきましたが、やはり経営陣の発言には矛盾のようなものを感じます。それは、合併により球団を一つ減らすことについては、あっさりと決めておきながら、新規球団を新設することについては難癖をつけるところです。

確かに、今まで社会人野球の球団も持っていない会社が、半年後にはプロ野球が開幕できるところまでいけるのかというと、難しい気もします。ですが、すでにある球団を買い取って経営するのであれば、十分に間に合うでしょう。また、ファンの側に立てば、いくらプロテクトから外れた選手を集めたチームが新しくできても、自分の好きだった球団がなくなってしまったことには変わりありません。新規参入より、買収して存続のほうがうれしいはずです。

このように、経営の立場、選手の立場、ファンの立場からいっても、合併して減らすことより、買収して残すほうが、よほど健全な対策であると考えられます。存続させるより、減らすことのほうが簡単かもしれませんが、一度減らしたものを元に戻す労力を考えたら、リスクは明らかに減らすことのほうが高いと思います。

しかし、今の経営陣は簡単に1球団減らすことを決めてしまいました。今回のストの焦点も、おそらくそこにあったと思われます。つまり、新規参入が難しいというのであれば、なぜ簡単に合併して数を減らすことを考えるのか、ということです。

例えば、いきなり100%買収でなく、最初の一年くらいは60:40くらいの出資比にして様子をみる程度の、臨機応変さはないのでしょうか。

とにかく残念です。ストを決めてしまった選手会にではなく、ストを決断させるところまで選手を追い詰めた経営陣に対してです。

|

« ラヴィ!! | トップページ | 天上天下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/1459747

この記事へのトラックバック一覧です: 球団、減らすは易し、増やすは難し。:

» 第2回ゴーログトラックバック大賞は年末に決定します![TrackBack Ranking] [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。毎週日曜日は、トラックバックランキングにおける [続きを読む]

受信: 2004.09.26 10:48

« ラヴィ!! | トップページ | 天上天下 »