« フリクリ | トップページ | CLANNAD その3 »

2004.09.10

広告は変わり続けなければならない

久しぶりにキムタケさんのところにトラックバックします。

テレビとCMの恋愛関係は何処へ行く? [コラム](「週刊!木村剛」より)

HDDレコーダーの普及により、テレビCMが観られにくくなっているというお話。CMスキップって、実は今に始まったことじゃなく、VHSの時代にもありました。でもテープでは、早送りの作業自体にオーバーヘッドが大きく、短時間の早送りは実用的ではなかったため、あまり使われませんでした。ところがHDDではランダムアクセスが可能になり、一気に実用的な機能になりましたね。私も最近CMを観る機会がかなり減りました。

ここからが本題。
私が最近思っているのは、テレビCMにかかわらず、広告業界というのは常に不安定であるということです。広告と言うのは、「生活」という、激しく形を変えながら高速で泳ぎ回る魚にへばりついている、コバンザメのようなものだと思っています。いつまでも同じ形の吸盤のままだと、すぐに振り落とされてしまいます。本来、生活にとって広告はあってもなくてもいいもの。邪魔だと思われたらすぐに取り払われてしまうのがオチです。ですから、広告業界は、常に「生活」に振り落とされないように、邪魔にならないように、変化し続けなければなりません。テレビCMは、広告収入によるビジネスモデルの典型例ですが、民放が始まってから現在まで生き残っていられたのは、たまたま運が良かったからだと思います。でも、もうそろそろ限界なのかもしれません。

そして最近、広告収入のビジネスモデルで最も旬なのは、Webによるものでしょう。企業だけでなく、個人まで巻き込んで、まさしく日進月歩で新しいアイデアが実施されています。しかし、これもいつまで持つかはわかりません。すでにいくつかの広告モデルは邪魔に思われて衰退しているし、つい最近公開されたWindows XPのサービスパック2では、標準でポップアップ広告を無効にする機能が付きました。これも、「生活」という大きな魚に振り落とされた結果です。

テレビ業界も、ドラマをDVDで発売したり、イベントを行ったりして、、テレビCMでの広告収入から脱却する動きが目立ちます。しかし、早く依存度を下げていかないと、取り返しの付かないことになりかねません。

私は、広告効果を上げるために、TV番組の質を下げるようなことが続かないことを切望します。そして、それがWebコンテンツに波及しないことも。

|

« フリクリ | トップページ | CLANNAD その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/1406015

この記事へのトラックバック一覧です: 広告は変わり続けなければならない:

» テレビCMの将来やいかに? [ オカショウコム]
 今日の「週刊!木村剛」で【テレビとCMの恋愛関係は何処へ行く?】という大変興味 [続きを読む]

受信: 2004.09.11 10:42

» カトラーのマスコミ原論[TrackBack Ranking] [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。日曜日は、トラックバックランキングにおけるそれ [続きを読む]

受信: 2004.09.19 11:47

» ぴたっとマッチが始動 [ぴたっとマッチ]
ぴたっとマッチ [続きを読む]

受信: 2007.06.12 17:07

« フリクリ | トップページ | CLANNAD その3 »