« プロ野球と労働組合 | トップページ | フリクリ »

2004.09.07

「性善説」というセキュリティ

“性善説”で運営する音楽ファイル流通コミュニティ「レコミュニ」(「Broadband Watch」より)

GREEやmixiなど、日本でも流行りだしたソーシャルネットワーク。これは匿名によるネットコミュニティに対するアンチテーゼとして、「知り合い同士なら悪いことできないだろう」という考え方のもとに生まれたコミュニティです。それまで「匿名である自由」による危険性を伴った世界から、「個人を特定する自由」による安全性を生み出した、今までの考え方を逆手に取ったものです。

そして、これをさらにもう一歩すすめて、著作権保護というところまで考えたのが、この「レコミュニ」というサイトだそうです。なるほど、面白いですね。ダウンロードした人の記録がファイルに残れば、誰から派生したコピーかは分かりますしね。あと、このサイト、音楽レビューサイトとしても面白いです。ソーシャルネットという性質は、レビューサイトと相性がよさそうですね。

それでも一曲あたり50円以上というのは、高い気がするなぁ。全曲50円均一ならいいんだけど。あのですね、これ、値段をレコード会社が決めるんじゃなくて、発表日から一律的に値段を決めるという方法にしてくれないかなぁ。発売してから1年目は100円、それ以降は毎年10円ずつ下がって、10年以上前の曲はタダとか。

これ、面白そうですけど、やはりソーシャルネットなので、紹介してもらわないと入会できないんですね・・・引きこもりな私にはツライ傾向だな・・・。もし入れたら、いろいろ紹介したい曲とかあるんだけど。

|

« プロ野球と労働組合 | トップページ | フリクリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/1380413

この記事へのトラックバック一覧です: 「性善説」というセキュリティ:

» 秩序と無秩序との間(はざま)で〜ヴァーチャル・ネットの地平 [昼下がりのヴァケィション]
インターネットの本質は、 ネットワーク性、瞬時性、および匿名性である。 中でもより重要で、革新的なのが、 ネットワーク性と匿名性である。 瞬時性は、ネッ... [続きを読む]

受信: 2004.09.20 15:33

« プロ野球と労働組合 | トップページ | フリクリ »