« ツールドフランス総集編 | トップページ | 過激な意見を集めるためにも、キムタケさんここはひとつ。 »

2004.08.08

日曜日の秘密基地「プロ野球の未来を考えるスペシャル」

TBSラジオの日曜午後1時から放送している「伊集院光 日曜日の秘密基地」は、毎週楽しみに聴いているラジオ番組です。で、今日の放送は「プロ野球の未来を考えるスペシャル」。たくさんのゲストを招いていたようですが、私は3時くらいから聴き始めたので、残念ながらライブドア堀江社長などの話は聞けず、聞けたのは野村監督の話と元オリックス球団代表の井箟氏の話でした。あと、色々とリスナーからのメールを紹介していましたが、今日これを聴いて、プロ野球問題でモヤモヤしていたことが、だいたいすっきりしました。特に、元オリックス球団代表の井箟氏が話していたことが一番分かりやすかったです。この人は1リーグ化を推進しているのですが、それは、

「今のパリーグは明日にも生きるか死ぬかの状態。そこで交流試合とかドラフトをどうとか言っている場合ではない。今から薬を変えたところでどうなるわけでもなく、今すぐ手術(=1リーグ化)でもしないと、プロ野球全体がなくなってしまう。だから、まずは合併でも1リーグ化でもして、球界全体の経営状態を建て直して、そのあとからまた球団を増やして2リーグにすればいい。私だって2リーグがベストだと思っている。」

という意見でした。これを聞いて、私のモヤモヤしていたところがすっきりしました。つまり、昨今の議論は、近々にやらなければならないことと、将来的にやらなければならないことが、ごっちゃになっているんです。球界の人たちは、今すぐにでもやらないといけない事を決めている訳です。しかし、周りの人達は経営や球界の不備を指摘し続けている。これは、井箟氏の言葉を借りれば、手術をしなければならない人に向かって、もっと運動しないから、お酒飲みすぎるからこうなるんだ、とか、そういうことを言っているだけに過ぎません。

そして、井箟氏はもう一つの問題を指摘していました。それは球団経営の不透明性です。収支だけでなく、入場者数、選手への特別手当など、ほとんどの数字は隠されてきました。だから、ファンの人達は、パリーグがヤバいということは何となく気がついていたけど、まさか合併しなければならないくらいの、ひどい状況になっていたということまでは気づかなかった。だからこんな状況になっても、ファンの人達の同意を得るのか難しくなってしまった、と言うわけです。

これらから言える事は、まずは存続のために、合併でも1リーグ化でも、しなきゃならないならしちゃえ、という事です。ただし、合併し、1リーグ化すれば万事解決するわけではないことを承知の上でなら、です。なぜなら、これはただの延命措置だからです。ですから、合併し、1リーグ化を認めるかわりに、その先をどうするかについて議論して、そのことをファンに約束するべきだと思います。例えば10年以内に全球団を黒字化して、2リーグに戻すとか。

書いていて思ったけど、なんだかこれって政治のマニフェストみたいですね。有言実行の精神です。

|

« ツールドフランス総集編 | トップページ | 過激な意見を集めるためにも、キムタケさんここはひとつ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/1152601

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の秘密基地「プロ野球の未来を考えるスペシャル」:

« ツールドフランス総集編 | トップページ | 過激な意見を集めるためにも、キムタケさんここはひとつ。 »