« ぽぽたん | トップページ | 梅雨明けました。 »

2004.07.13

プロスポーツ界がキムタケさんを頼る理由

日曜日、ちゃんと選挙行ってきましたよ。実は今の場所に4年前に引っ越して以来、初めて投票したんですけどね。今回投票する気になった理由はズバリ、「週刊!木村剛」のおかげですよ。これに出会わなかったら、多分今回の選挙も行かなかったと思います。これだけ今の政治に興味を持たせてくれたのは、キムタケさんのおかげです。
はっきり言って、私みたいな人、多いんじゃないでしょうか。

近鉄vsライブドア:「感情論」と「勘定論」(「週刊!木村剛」より)
「企業スポーツ」からの脱却(「乙武洋匡公式サイト」より)

そんなキムタケさん、最近プロスポーツ界からのオファーが多いそうで。ふと思ったんですが、これってやはり、どこのプロスポーツも企業として行き詰っていて、経営コンサルティングを必要としているからではないでしょうか。乙武さんが書いているように、今まで親会社に「おんぶに抱っこ」な企業スポーツでは、親会社の経営もままならない今、ただの癌になってしまうのではないでしょうか。

また、企業だけでなく、スポーツ選手の姿勢も大事だと思います。昔と違い、これだけエンタテインメントが多様化している今では、ただうまいプレイだけをしても、お客さんは振り向いてくれないでしょう。自分たちにとって、お客様は誰なのか、あらためて考える必要があると思います。きょうび、プレステでスポーツゲームしたほうが、よほどドラマチックな試合が観れる(しかも参加できる)ってもんですよ。

これを書いていて、最近日テレが起こした視聴率操作事件を思い出しました。民放業界にとって、お客様は視聴者なのか、スポンサーなのか。プロスポーツ業界も、同じことが言えそうです。お客様は観客?それとも親会社?

|

« ぽぽたん | トップページ | 梅雨明けました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/955094

この記事へのトラックバック一覧です: プロスポーツ界がキムタケさんを頼る理由:

» プロ野球最強のコンテンツ「ナベツネ」 [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。7月12日のゴーログ「近鉄vsライブドア:『感 [続きを読む]

受信: 2004.07.19 11:13

« ぽぽたん | トップページ | 梅雨明けました。 »