« 「マックグラン」は脱ペラペラバーガーの第一歩になるか? | トップページ | メトロイド ゼロミッション、クリア »

2004.06.05

ステップファザー・ステップ/宮部みゆき

ステップファザー・ステップ(amazon)

コンプリートしました。

今まで「火車」「レベル7」「理由」と、結構へヴィな作品を読んできましたが、この作品は非常にライトです。読みやすくて、面白かったです。

あらすじは、ある日、男の泥棒が家の侵入に失敗して、双子の中学生の男の子に見つかるところから始まります。男は、その双子に「泥棒のことはバラさないから、自分たちの父親の代わりをして欲しい」と頼まれます。最初はいやいやだったのですが、そのうち情が移って・・・といった感じです。この本はいわゆる「連作短編集」で、要するにこの泥棒と双子をメインとしたライトなミステリー短編集になっています。

この物語はなんというかアニメのようで、特にこの双子が非常にいい味を出しています。ドラマでもよさそうですが、「笑うとえくぼが右に出来るか左に出来るかだけが、唯一の判別方法」というキャラはアニメくらいしか実現できなさそうです。もちろん、面白いのはそれだけではなくて、父親役の男が時々社会批判(というかグチ)をするところが面白いです。実はこの男の口を借りて、宮部さんが言っているのかもしれません。

ミステリーとしては謎解きも軽く、そこを期待して読むとがっかりしますが、この本は男と双子の会話を楽しむのが、一番正しい楽しみ方だと思います。サクサク読めるので、時間のない方にオススメです。

|

« 「マックグラン」は脱ペラペラバーガーの第一歩になるか? | トップページ | メトロイド ゼロミッション、クリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/713533

この記事へのトラックバック一覧です: ステップファザー・ステップ/宮部みゆき:

» 宮部みゆき [PukiWiki/TrackBack 0.1]
Counter: 4972, today: 18, yesterday: 33 宮部みゆき † 名前:宮部(みやべ)みゆき 【blogma... [続きを読む]

受信: 2004.10.12 12:39

« 「マックグラン」は脱ペラペラバーガーの第一歩になるか? | トップページ | メトロイド ゼロミッション、クリア »