« プラモデルでも作るか(3) | トップページ | プラモデルでも作るか(4) »

2004.05.05

Beep 復刻版

Beep(ビープ) 復刻版―特別付録 音楽CD2枚組(amazon)

1985年から1989年まで発行されていた、当時ではおそらく初めての総合ゲーム雑誌「Beep」の復刻版が発売されました。Beepといえば、CD付録がまだなかった当時、ゲームミュージックが録音されたソノシートが付録で付いてきたことで有名です。

本の内容としては、まず1985年1月号から1989年6月号までを、1号当たり見開きページを10ページ前後、実サイズの1/4縮小で掲載されています。ちょっと厳しいですが、読めないこともありません。あと付録として、当時の記事から選りすぐりを実サイズで再現した130ページの冊子と、ソノシートに録音されたゲームミュージックをそのまま再録音したCD2枚が付いてきます。

私は当時小6か中1あたりだったと思いますが、Beep創刊号から1年くらいは買っていた記憶があります。当時はベーマガこと「マイコンBASICマガジン」がゲーム記事に力を入れていましたが、ゲーム専門誌、というのは確かになかった気がします。当時は、読んでいて「なんかよくわからん」記事があったりしたのですが、今、復刻版で記事を読むと、いかに当時の記事が濃い内容だったかがよく分かります。特に、ゲームはクリエイティブなもの、という観点から、ゲームクリエイターのインタビューや対談記事などに注力していたことが分かります。また、ゲーム作成講座やゲーム論といったものも多く掲載されていました。もちろん、ゲームミュージックの関係者についてもスポットが当てられています。このあたりは、当時大学生だったライター各氏の疑問、すなわち「ゲームの仕事ってどんなもの?どんな人が作ってるの?」という気持ちがモロに反映されたものではないかと思います。これは、当時のライター各氏が、今は出版社ではなくゲーム会社で活躍していることからも分かります。個人的には、出来たばかりのディズニーランドや、当時開催された、つくば科学万博の記事が、懐かしくて泣きそう。

今思うと、お手本は音楽雑誌だったのかも、と思う面もあります。早すぎた雑誌といえなくもないです。

|

« プラモデルでも作るか(3) | トップページ | プラモデルでも作るか(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/540940

この記事へのトラックバック一覧です: Beep 復刻版:

« プラモデルでも作るか(3) | トップページ | プラモデルでも作るか(4) »