« ヨコハマ買い出し紀行 第11巻 | トップページ | マリア様がみてる »

2004.04.04

蘇るPC-9801伝説

蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊(amazon)

NECのパソコンの名機、PC9801を特集したムックです。

Windows上でできる当時のゲームソフトが何本か収録されていて、これだけだとただのエミュレータ本のようですが、どちらかというと、この本は充実したインタビュー記事や、解説記事にあります。当時のPC98全盛時代に、各方面で活躍した人々がわんさか出てきます。MSの古川氏、ジャストシステム浮川氏の大物だけでなく、ソフトベンダー「タケル」開発者、バックアップソフト「WIZARD98」開発者などのツボも押さえ、読み物としてこの本は非常に面白いです。個人的には、一太郎V4で採用したJustWindowで苦い経験をした話とかが懐かしかったですね。

エミュレータでは、Bio_100%のゲームが、ほぼ全て掲載されているのがとても嬉しい!学生時代、研究室で友達とハイスコアを競い合った頃がとても懐かしいです。ソフトとしては、記事にもちょっと書いてありますが、一太郎V3とか松とかLotus123とか、あの辺のビジネスソフトも入っていたら面白かったのに、と思いました。

あと少しですが、PC9801だけでなく、PC8001やMSXなどの本体写真があったりして、8ビットマイコンからのユーザーも楽しく読めます。

最初、2800円はちょっと高いなぁと思いましたが、読み物としてかなり充実しているので、PC98で青春を過ごした人には、かなりオススメです。


|

« ヨコハマ買い出し紀行 第11巻 | トップページ | マリア様がみてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/393113

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇るPC-9801伝説:

« ヨコハマ買い出し紀行 第11巻 | トップページ | マリア様がみてる »