« 人体の不思議展 | トップページ | ハーロック »

2003.12.25

火車/宮部みゆき

火車(amazon)

通勤途中というのは、何で暇をつぶせばいいのか、ずっと試行錯誤してるんですよね。
(こんなこと部長に言ったら、英語の勉強でもやれ!って言われそうだが)
普通は音楽聴きながらぼーっとしてるのが常です。
一番コストパフォーマンスが高いのがケータイゲーム。
100円のフリーセルを飽きずにずーっとやってます。

で、一年位前から始めたのが読書(文庫本)。
元々本はあまり読まないのですが、それはそれで人生がもったいないというか、世の中には面白い本がたくさんあるんだから、ということで読み始めました。
ただ、何を読んだらいいか、よくわからないんですよね。贔屓の作家さんとかいないし。
なので、ミーハーに聞いたことのある作家さんを拾い読みしてます。

で、これからが本題ですが、タイトルの本を読みました。
宮部さんは、短編集を一冊読んだんですが、ちょっと物足りなくて、なるべく厚い本を選びました。それが「火車」。
クレジットカードによる自己破産がテーマのミステリーです。
92年?の作品ですが、今でも非常に考えさせられる内容です。
後半の徐々に解き明かされる謎解きが面白くて、思わず(通勤用のはずが)家で一気に読みきってしまいました。
いいところで話が終わるのも、うまいなぁと思いました。

また宮部さんの本を読んでみたいと思います。

|

« 人体の不思議展 | トップページ | ハーロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5867/50001

この記事へのトラックバック一覧です: 火車/宮部みゆき:

» 火車 [鞄の中に文庫本]
火車 | 宮部 みゆき ★★★★☆ ハッキリいって、非常に良かった。 犯人の事を調べていくうちに、どんどんその人間性に興味を持っていく主人... [続きを読む]

受信: 2004.06.11 16:12

» 宮部みゆき『火車』〜ローン社会が生んだ薄幸な女性の犯罪を抜群の筆力で描いた作 [食べて読んで聴いて観て...語り合おう!]
宮部みゆき『火車』〜ローン社会が生んだ薄幸な女性の犯罪を抜群の筆力で描いた作 品〜 [続きを読む]

受信: 2004.08.17 22:38

« 人体の不思議展 | トップページ | ハーロック »