2019.08.19

WALKMAN IN THE PARK@銀座ソニーパーク

銀座ソニーパークで行われているウォークマンのイベントに行ってきました。

Dsc_0040

ここでは、今までウォークマンで育ってきた著名人40名が、当時の思い出とともに、当時のウォークマンを使って実際に曲を聴ける、というイベントでした。それはそれで面白いと思うのですが、自分的にこれだと思う方がいなかったので、あまりじっくりとは聞きませんでした。やはり当時の機種を触らせるというのにも無理があるのか、1/3くらいは実機が展示から外されちゃっていたみたいですが。

で、個人的に見たかったのはこちら。

Dsc_0032

過去のウォークマンがずらりと展示されているコーナーです。私もウォークマンやMDウォークマンはよく使っていたので、懐かしの機種あるかなぁ、と思い、探してみました。

Dsc_0036

このタイプの機種は持ってました。これだったかは覚えてないんですが・・・これ以外にも2~3機種持っていたと思うのですが、もう覚えてないですね・・・

Dsc_0034 Dsc_0035

MDウォークマンはこの辺の機種を持ってました。最後のNetMDはまだ家にありますね。

できれば、ウォークマンマイスターみたいな方がいてくれたら、最新の機種の話とかできたのかなぁ、と思うんですけどね。
まあまあ面白かったです。

| | コメント (0)

2019.08.02

映画「天気の子」

新海誠監督作品、観ました。

大ヒットした前作「君の名は。」に続く新作アニメ映画です。

地方から家出して東京に来た高校生の少年、帆高は持ってきたお金が尽きてしまい、フェリーで出会ったライター、須賀のもとを訪ね、彼の運営する零細編集プロにやっかいになる。そこはオカルト雑誌向けに取材し記事を書く会社だった。ここ数ヶ月、東京は雨が続き、晴れないことが多かった。そこで都市伝説になっていた「100%の晴れ女」、陽菜とある事件で出会い、そして一緒に「晴れ」を売る商売を始めるのだが・・・といったあらすじです。

元々今年の東京の梅雨明けが遅かったのは、新海監督の強運でしたね。雨が降りっぱなし、ではないですが、まさになかなか太陽が見えない状況はリアルな東京とぴったりでした。ただ、特に前半は雨が降りっぱなしの東京都心部のリアルな描写がほとんどであり、なんか暗いんですよね。前作同様、SF的な内容ですが、なんというか、全体的に地味な内容になってます。映像の凝り方が暗い方向にいっちゃったというか。

まあ、新海監督って雨が好きですし、こういうストーリーも好きでやってると思うんですけど、エンタメ性がちょっと足りないというか、もっとドタバタ感があったほうがいいなぁ、というのが率直な感想です。でも逆にいえば、新海監督って元々こういう作品だよなぁ、という気もしますね。前作のほうが新海監督らしくなかった、のかもしれません。

| | コメント (0)

2019.07.06

Play Station 4購入。

久しぶりにゲーム機を買いました。
本当に今更なんですが、PS4です。500GB。

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01)(amazon)

ここんところずっと、そろそろ新しいゲーム機がほしいなぁと思っていました。今買うなら、PS4か、ニンテンドースイッチか、あるいはPCでsteamか、悩んでたんですよね。今やりたいのは最新のゲームというよりは、レトロゲーとかなんですよね。アーケードアーカイブとか気になっていました。で、steamだとPCの能力が足りないので、グラボを買わないといけません。スイッチもかなり気になるんですが、携帯としては3DSもPC Vitaもあるしなぁという感じで、AmazonでセールをやっていたPS4にしました。ソニーは久しぶりだなぁ。PS2ぶり。

PS4を選んだのはもう一つ、ファルコムのイースの続編が出るからです。今まではPS Vitaで出ていたんですが、どうやら続編ではVitaで待っていても無理そうだったので。

で、とりあえずゲームとしては、Rez infiniteをDLしてやってます。RezはPS2時代にめちゃくちゃハマったゲームなので、今やっても面白くてたまらないですね。でも歳をとったせいでなかなかクリアできず。昔は結構クリアできたのになぁ。VRでもやってみようかな。
あとは安くなったゲームでもやろうかなと。

まあ、PS4もかなり年も経っているし、次機種の噂も出ているので、そんなに持たないとは思うんですが。

| | コメント (0)

2019.07.03

映画 ガールズ&パンツァー最終章第2話

ガルパン最終章の第2話を観てきました。
正直、自分の中ではガルパン熱が冷めてしまっていたのですが・・・

第2話はBC自由学園との試合の後半戦から始まります。相変わらず戦車の砲弾がドッカンドッカンと飛ぶ派手な試合です。まあ大洗女子が勝つことは規定ですが、どうやって勝つか、というところですね。

そのあと、他校の結果もどんどん出てきます。まあこれも順当に今まで出てきた高校が勝っていってます。もっと他の高校の活躍も見てみたいところですが。

幕間では、河嶋家の事情とかも見えたり。

そして次は知波単学園との試合。こちらがなんとも面白い。劇場版では突撃バカの学校でしたが、成長したんですね。手強い高校になりました。大洗相手にここまで健闘するとは、なんとも嬉しい・・・そして目を見張る機動力!完全に大洗と互角の試合をしていますが、これからというときに第2話終了・・・

また続きは1年後でしょうか。熱が冷めそうデス。

| | コメント (0)

2019.03.17

3/16 畠山美由紀コンサート@めぐろパーシモンホール

畠山美由紀さんのニューアルバム発売記念コンサートに行ってきました。

Dsc_0015

昨年12月に発売されたニューアルバム「Wayfarer」の発売記念のコンサートです。アルバムのプロデュースを行った冨田恵一さんをバンマス・キーボードに、ベースに鈴木正人さん、ギターに小池龍平さん、コーラスに真城めぐみさん、ドラムに平陸さんをお招きした、バンド形式のコンサートです。

曲は「Wayfarer」を全曲、そしていままでのアルバムから1曲づつ、といった内容でした。冨田さん自身のアレンジだけあって、「Wayfarer」はほぼCDそのままといった感じでした。畠山さんの歌は素晴らしかったです。でも、バンドに合った曲でないのもあるので、個人的にはもうちょっとバンドアレンジしてくれたほうが良かったなぁと思います。まあ時間がないというのもあると思いますが。パーカッションがいたら良かったのかも。

あとは畠山さんのMCが面白かったですね。冨田さんとのアルバム作成話もたくさんあって、面白かったです。ファーストアルバムは鈴木正人さんがプロデュースだったんですね。最初と最新のアルバムのプロデューサーがバンドに参加されているというのもすごいことだなと思いました。

良いコンサートでした。

3/22 追記

ナタリーにライブレポートが掲載されました。セットリストもそちらから。ファーストアルバムからは2曲歌っていましたね。

| | コメント (0)

2019.03.14

ヴィールカさんVS 第1巻

今お気に入りのコミックです。

ヴィールカさんVS (1) (MeDu COMICS)(amazon)

異世界で捕らえられていた獣人のヴィールカさん、なぜかこの世界の中年サラリーマン、シゲオの家とつながって、シゲオの家で過ごすことになる。異世界では人間に対して反抗心のあるヴィールカさんだが、シゲオの料理に思わず負けを認める・・・という異世界ファンタジーもののコメディです。ヴィールカさんがこの世界のうまい料理や道具を知るたびに「負けた・・」と思いつつ、この世界になじんでいく姿が微笑ましいです。ヴィールカさんかわいい。お隣さんの巨乳JK(オジコン)のマドカとのやりとりもいいですね。

一話2ページなのでサクサクですが、どこから読んでも面白いです。まあそんなに長くは続かないと思いますが、次巻が楽しみです。

| | コメント (0)

2019.03.10

マリオ&ルイージRPG1 DX

3DSのマリオRPG、初プレイ&クリアしました。

マリオ&ルイージRPG1 DX - 3DS(amazon)

なんとなくRPGをプレイしたくて、これを選んでみました。任天堂のマリオRPG、結構前から出てたのは知っていましたが、今までプレイしたことはありませんでした。これは知らなかったんですが、これってGBA版のリメイクだったんですね。で、何気にショックだったのは3D機能がないということ。そうか2DSが出たからか・・・

ゲームはまあ、RPGといえばRPGですが、予想通りというか、子供向けな感じですね。重厚なストーリーもないし、システムも複雑でなくてわかりやすい。アクションRPGのようでアクションRPGではなく、なんとなくゼルダっぽい感じで、バトルはターン制ですが、タイミングよくボタンを押さないといけないというのが結構大変でした。武器という概念がないのが新鮮ですね。ジャンプとハンマーで攻撃。マリオRPGって、こういう感じなんだなぁ、と理解しました。ドラクエやFFとは違う、マリオらしいRPGです。

20時間くらいでクリアしましたが、DXには並行してできるゲームも追加されているんですね。こちらはちょっといいかな・・

| | コメント (0)

2019.03.03

甘々と稲妻 第12巻

好きだった漫画が最終巻を迎えました。

甘々と稲妻(12) (アフタヌーンKC)(amazon)

シングルファザーの子育て+お料理漫画です。最初は5歳だったつむぎは最終巻で小学二年生に。そして番外編では父親の元を離れて女子大生にまで成長しました。大きくなったなぁ・・・なんかすごく、いい子に育ってくれたなぁと親戚の子供のような目で見てしまいました。そして小鳥ちゃんは料理屋を構えるまでになりました。でも先生とは結ばれてないですかね・・・。つむぎも小鳥ちゃんのことはお姉ちゃんと見ているようですが、でもひょっとしたら期待してたりしたのかも、という気もしますね。つむぎと小鳥ちゃんは11歳差みたいなので、つむぎが18歳なら、小鳥ちゃんは29歳!ですね。

いい漫画でした。料理も美味しそうだった。そういえば、自分が色々料理漫画を読むようになったきっかけの漫画でしたね。

| | コメント (0)

2018.12.29

we are here / ゴンチチ

こちらも久しぶり、ゴンチチの新譜が出ました。

「we are here」-40 years have passed and we are here-<UHQCD>(amazon)

オリジナルのアルバムは2011年の「humble music」以来、デュオでないアルバムは2008年の「VSOD」以来、10年ぶりですね。「VSOD」が30周年記念アルバムですから、今回のアルバムは40周年のアルバムとなります。
アレンジは羽毛田丈史さん、菅谷昌弘さんのほかに、初期の頃から久しぶりの清水一登さん、近藤達郎さん、そして新顔のドリアンさんとRaynosさんが参加しています。ゲストミュージシャンも小松亮太さんのほかにタブラにU-zhaanさん、コーラスにmei eharaさんといった若い方も。

で、以下は個人的な感想ですが。
「VSOD」よりは良かったと思うんですが、やはりちょっと物足りない感じ。アルバム全体的に穏やかな明るい曲が続いて、緊張感とかトゲ味、悲しみといった感じの曲がないんですよね。そういう意味では、バリエーションがある「あまんちゅ!」OSTのほうが聴いてて楽しかったなぁと思います。アレンジに新しい方が参加されたのには大賛成で、正直足りないくらい。もういい加減、羽毛田さんや菅谷さんに頼るのもね。あと、せっかくのゲストミュージシャンの音が薄いのが残念。もっと派手に音が入ってくれればなぁと思いました。

まあまだ聴き始めですから、時間が経つとまた印象が変わってくると思います。

今回のインタビュー記事です。
https://natalie.mu/music/pp/gontiti
http://www.e-onkyo.com/news/2251/
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/20130

| | コメント (0)

2018.12.21

Wayfarer / 畠山美由紀

畠山美由紀さんのニューアルバムです。

Wayfarer(amazon)

「rain falls」以来5年半ぶりのニューアルバムです。結構長かったですね。今回はあの冨田ラボ、冨田恵一さんの全曲プロデュースです。「罌粟」「耐え難くも甘い季節」といった名曲を作った、私も大好きな方ですから、かなり期待していました。

今回のアルバムの詳しいことは音楽ナタリーのインタビューに書かれていますね。
https://natalie.mu/music/pp/hatakeyamamiyuki02

インタビューによると、今回のきっかけになったのは冨田さんがプロデュースしたbirdの「Lush」を畠山さんがとても気に入って(確かにラジオで大プッシュしてました)、それで畠山さんから冨田さんにアプローチした、とのこと。冨田さんは冨田ラボで「SUPERFINE」や「M-P-C」を作っていましたから、エレクトロニックやサンプリングを使うようになった、昔とは違う冨田さんのアレンジが今回のアルバムにも出ていて、それは今までの畠山さんの曲にはなかった雰囲気なので、すごく新鮮味があります。畠山さんの低めで芯のある歌声が、こういう感じになるのか!という感じ。インタビューでも、今までなかった歌い方をした、と話をしていて、面白いアルバムになったな、と思います。艶もあるし、今までになかったポップス感もあると思います。

このアルバムはお気に入りになりそうです。今一番のお気に入りは先行発表された「会いにいく」ですが、それ例外の曲もバリエーション豊かで聴いていて飽きないです。

| | コメント (0)

«海街diary 第9巻 行ってくる