2017.05.21

5/20 伊藤ゴロー/ジャキス・モレレンバウム@銀座ヤマハホール

ギターの伊藤ゴローさんとチェロのジャキス・モレレンバウムさんのコンサートに行ってきました。ブラジル音楽が気に入っていて、どんな感じかなと思い。

私的には、伊藤ゴローさんはnaomi&goroのギタリストという印象です。ジャキスさんはジョビンの元で演奏したということが有名ですが、私的にはゴンチチの「Strings with Gontiti」で素晴らしいアレンジをなさった方、というのが大きいですね。
コンサートは銀座ヤマハホール、ここに来たのは初めてかな。素晴らしいホールですね。
演奏はギターの伊藤ゴローさん、チェロのジャキスさん、そしてピアノに澤渡英一さんというトリオ構成でした。音はほとんどアコースティックで、本当に素晴らしい。もちろん演奏も素晴らしく、ものすごく厳かな気持ちになったし、感情的な激しい演奏もすごかったです。個人的にはジョビンの曲が一番グッときました。
そんな伊藤ゴローさん、MCはちょっと苦手みたいでして、後半にJ-WAVEのサウージ・サウダーヂのプロデューサーなどもやっている中原仁さんが司会役として登場し、ジャキスさんへのインタビューなどをしました。このへんはちょっと面白かったですね。

なんか特別に美しい音楽を聴いた、と感動しました。

| | コメント (0)

2017.05.12

iPad mini4 128GB購入。

約1年半前にiPad mini3を買って使っていましたが、iPad mini4が安く(というか当時買ったmini3と同じ値段ですが)なったので、買い替えました。

MK9P2J/A iPad mini 4 128GB シルバー Wi-Fiモデル (iOS)(amazon)

iPad mini3よりは、確かに薄く、軽くなったと思います。2つを較べるとそれを感じますが、すぐに慣れてしまうので、もう実感はあまりないですね。性能面でも、CPUが向上したりとか、WiFiが11acに対応したりとかあるんですが、体感的には速度もそんなに変わっていないです。
正直、買い替える意味はあまりなかったかも。一番面倒なのは、kindleで買った本をまた全てダウンロードし直さないといけないところですね・・・


| | コメント (0)

2017.05.08

5/5 バカ田大学祭ライブ@恵比寿ガーデンホール

赤塚不二夫生誕80年企画として恵比寿のガーデンホールで行われたバカ田大学祭ライブに行ってきました。
なにせゴンチチと清水ミチコさんという謎のツーマンライブですよ!?

Dsc_0005s

前半は清水ミチコさん。テレビでは昔からよく見てましたが、ライブで見るのは初めてです。矢野さん、ユーミンなど定番のネタもいいですが、クリープハイプとかサカナクションとか、結構最近のミュージシャンもマネされるんですね。知りませんでした。YUKIとかいきものがかりとか、キモチワルくて面白い(笑)。ミュージシャンの曲あるあるネタ、歌であるあるネタって岡崎体育のMUSIC VIDEOみたいですね・・・

30分の休憩の後、後半はゴンチチが登場。自分たちも「なんで呼ばれたのか分からない」と言っていましたが、喋りも多くて面白かったし(特に三上さんのトバしっぷり)、ギターも素晴らしかったと思います。こういう感じ久しぶりだなぁと思ってたら、10年位前か、都内の区立や市立のホールでやってた感じと似てたんですね。最近都内では大きなホールでしかやらなくなったので、久しぶりだと思いました。オベーションでデュオってのも久しぶり。

アンコールは、清水ミチコさんとのコラボレーション。なんと三上さんと松村さんの間に椅子をおいて、並んで座りました。松村さんも「今まで色んなボーカルの人と一緒にやったけど、こんなところに来るの初めてだ」と言っていて、確かにそうかもと思いました。松村さんと清水ミチコさんが喋っていて、時折三上さんに「ちょっと聞いてる!?」って聞くのが面白かったです。曲は清水ミチコさんがモノマネで歌うMy Favorite Thingsでした。面白かったなぁ。

いい意味で、変なライブでした。

| | コメント (0)

2017.05.01

4/30 畠山美由紀 15周年記念 大感謝祭@オーチャードホール

ソロデビュー15周年を迎えた畠山美由紀さんの豪華なコンサートが行われました。
渋谷のオーチャードホール、久しぶりに行きました。GWの渋谷は混んでるなぁ。

バンドは冨田恵一さんを中心に坂田学さん、鈴木正人さん、おおはた雄一さん、真城めぐみさんという、これだけでも豪華さ鉄板のメンバーですが、大感謝祭ということでゲストがすごいんです。

まずは畠山さんメインで数曲をプレイ、そのあとはゲストを呼んで、司会の秀島さんと一緒にお話をして、ゲスト1曲、畠山さんとデュエットで1曲という構成でした。

出演順は(確か)アン・サリーさん、高野寛さん、Salyuさん、富澤タクさん、土岐麻子さん、堀込泰行さん。
個人的によかったなぁと思ったのは、アンさん、高野さんの歌声。高野さんがゲストで歌った「確かな光」は好きな曲だし、デュエットはキャロル・キングの「You've Got A Friend」、これもよかったなぁ。
富澤さん、土岐さん、堀込さんはゲストで新曲を披露。これをアレンジしてしまう冨田さんもすごいなぁ。冨田さんアレンジのいろいろな曲が聞けたというのも個人的には嬉しかったです。
堀込さん提供の名曲「若葉の頃や」、デュエットは嬉しかったですが、ちょっとキーを無理やり合わせた感がありましたね。個々で歌うほうがよかったな。

そしてゲスト6名と司会の秀島さんで畠山さんを掘り下げるというトークショー。面白かったです。これを聞いて分かった畠山さん像は「感激屋」「天然」「おっちょこちょい」「酒豪」でした^^;そして、思わず歌で参加してしまう生粋の「ミュージシャン」であることもわかりました。

畠山さんはきれいなドレス姿で再び登場。ギターの小池龍平さんとピアノの村上ゆきさんというこれまた豪華な二人とCMのためだけに作成された曲を披露しました。

最後はまた豪華なメンバーと畠山さんで締めました。

すごい豪華なコンサートでした。でも個人的には「ちょっと詰め込みすぎ、盛りすぎ」というのが正直な感想。3時間半休憩なし、というのもちょっと疲れました。6回に分けて、毎回一人ずつ違うゲストが出るようにしてくれてもよかったかな、と思います。

| | コメント (0)

2017.04.21

亜人ちゃんは語りたい 第1~5巻

いやーそういえば第1巻から読んでたんだけど、レビュー書いてなかったことに気が付きませんでした。もうアニメ化もされたのに。

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤングマガジンコミックス)
亜人ちゃんは語りたい(3) (ヤングマガジンコミックス) 亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス)
亜人ちゃんは語りたい(5) (ヤングマガジンコミックス)(amazon)

ペトス先生の漫画です。過去の伝承としてしか伝えられてなかったような、特殊能力を持つ人間、「亜人」(デミ)が高校生活を送るという、ファンタジー系の日常系漫画です。特殊能力をもつのは、この作品内では女生徒だけなのですが、この女生徒の面倒を見る高橋鉄男先生が、実は学生時代からデミの存在に興味津々で、彼女らに接していきます。ヴァンパイアのひかり、雪女の雪、デュラハンの町、そしておまけに同じ教師のサキュバスの佐藤先生。彼女らの伝承には、暗くなってしまうことも多いのですが、彼女らはとても楽しく生きています。そしてこれがこの漫画の一番の見どころですが、デミ好きの高橋先生が実際にデミちゃんたちの行動を目の前にして、これはどんな時に、どういう現象で、何が起こるのか、それはなぜなのか、というのを実に理屈っぽく頭を働かせていきます。このシーンがなんか微笑ましい。そしてそういう目で見て話してくれる高橋先生のことが、デミちゃんたちは大好き、というところがいいんですね。

4巻のラストに、番外編として透明人間が出てきましたね。これははやり番外編オンリーなのかな。ほかのデミちゃんたちとドタバタやってくれると面白そうだけどなぁ。あと5巻には新しいデミちゃんとして座敷わらしがでてきました。この子はこれからも出てくれそうです。楽しみですね。

あともちろん、デュラハンサキュバス佐藤先生の高橋先生催淫メロメロ作戦、がんばってくださいね。
アニメ化はまだ見てませんが録画済みなので、見れる時を楽しみにしてます。

| | コメント (0)

2017.04.08

DELL 11.6インチノートPC Inspiron 11 3000

またノートPCを買い替えてしまいました。結局DELLのノートPCです。

Dell ノートパソコン Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 17Q32W/Windows10/11.6インチ/4GB/128GB(amazon)

1月にパソコン工房のノートPCを買ったばかりだったんですけど、どうもこのPCがあまり気に入らなかったので、当時候補に挙げていたDELLのInspron 11 3000に買い換えることにしました。CPUはPentium N3710、ディスプレイは11.6インチ1366x768、メモリ4GB、SSD 128GBです。DELLのオンラインショップでクーポン付きで税抜き39980円でした。

基本的はところはパソコン工房のノートPCと同じ。ベンチマークもほとんど同じでした。でも個人的に一番気にしたのはファンレスであることです。動作中も全くの無音。やはり無音なのはいいですね。大きさもDELLのほうが奥行きがちょっと小さいですかね。パソコン工房のノートPCよりも劣っているのは端子類です。有線LANとD-Sub15ピン端子がありません。USBも3.0x1と2.0x1だけ。SDカードスロットはMicroSDカードしか挿せません。この辺の端子を必要とする人、例えばビジネス用途とかだとキツいんじゃないかと思います。

個人的には、パソコン工房のノートPCよりしっかりした作りで質がいいと思います。キーボードもペラペラですが打ちやすいです。あとありがたいと思ったのは、ちゃんとサービスマニュアルが公開されていることですね。分解する方法が書かれているので、自分でスペックアップすることもやりやすいです。自作好きにとっては大事なところですね。

ということで、買い替えてとりあえず満足です。やはりノートPCはそれなりに実績のあるメーカーから買わないとダメだなと思いました。

追記。
レビュー記事にもあったんですが、このノートPC、電源やHDDアクセスを示すLEDがありません。なので、電源切ったのかスリープ中なのか、充電中なのかも分かりません。デザイン的にはいいけど、使ってみると意外と不便です。

| | コメント (0)

2017.04.03

Synology NASキット DS216j

SynologyのNASキット、DS216jを買ってみました。

Synology DiskStation DS216j デュアルコアCPU 2ベイNASキット DTCP-IP対応可 CS6426(amazon)

自宅NASは今まで挑戦者(I-O DATAのブランドですね)のRockDiskという1万円で買えるお手軽NASを使っていました。でも機能は最低限だし、RAIDもできないし。今ではたくさんの海外メーカーからNASキットが出ていて、しかもめちゃくちゃ多機能。特に有名どころはQNAP(キューナップ)、ASUSTOR(アサスター)、そしてSynology(シノロジー)ですね。(名前、読みにくい・・・)

で、巷で人気?のSynologyの2ベイNAS、DS216jを買ってみました。まず一緒に買ったNAS用HDD、WD Red 3TB 1台で組んでみました。
マニュアルは、グローバルに対応するために組み立てて起動するまでの画が中心の簡略的なもので、言葉の説明が少なくて分かりにくい感じ。2種類のねじ(本体固定用のねじとHDD固定用のねじ)があるのですが、最初なぜなのかよくわかりませんでした。
まあこの製品は、Webに梱包から起動までの「やってみた」記事がたくさんあるので、そちらを見たほうがいいですね。

いろいろと失敗もしました。最初は下側(=ボードに近いほう)がHDD1、上側がHDD2だと思って下側にHDDをセットしたら逆だったり。
また、最初に3TBだけ取り付けて使ってみて、そのあとにRockDiskで使用していた2TBを追加で取り付けて、2TBのRAID1にしようと思ったのですが、これがどうにもできない。調べてみると、最初に3TBを取り付けたときにSHR(Synology Hybrid RAID)という構成になり、この状態では、追加に同容量かそれ以上の容量のHDDを取り付けないとRAID1状態にはできないんですね(そりゃそうか。別ボリュームとしては使用可能です)。一度すべてのHDDを初期化し、最初から3TBと2TBのHDDを両方取り付けて、2台のHDDで1つのボリュームになるように構成しました。するとちゃんとSHRでのRAID1が構築できました。

機能は本当に豊富で、バックアップ、クラウドサービス、メディアサーバー、アンチウィルスなど、いろいろ用意しています。これあればDropboxやGoogleドライブいらないかも、という感じですね。しかもそれぞれとの連携もできるので、どう使えばベストなのか悩みどころです。sMedio DTCP Moveを使えば、ソニーブルーレイレコーダーの録画番組をDS216jにダビングできるようですが、どうも再生に難があり、ソニーTVではうまく再生できないようです。ちょっと様子見かな。

動作音はほとんど静か。LEDも光量調整が付いてますので、狭い部屋においても目立たなくていい感じです。でも電源用の青色LEDだけはもう1段暗くなってほしいなぁ。ていうか青色でなくてもいいのにね・・・。

というわけで、速度も相当早く、気に入っています。あとは、もしものときにどうなるか、ですね。

| | コメント (0)

2017.03.22

ルノー トゥインゴ、納車。そして乗ってみる。

ルノートゥインゴ、納車されました。白のインテンスです。個人的に白い車というのは初めてですね。

Img_as

このトゥインゴについて、いろいろとインプレッションを書き連ねたいと思います。

・ぱっと見はそれほど奇抜な感じはないですね。むしろ目立たない感じ。派手な色のほうがよかったかも。

・ドアのキー開閉はワイヤレスですが、エンジン始動は久しぶりに鍵を突っ込んで回すタイプ。

・座席の下にエンジンタンクがあるらしく、座席は確かに高めですね。でもおかげで外が見やすいです。足さばきには慣れが必要かな。

・内装はチープなプラスチックですが、親近感がわく小粋なイメージを出していると思います。細かい部分ではもうちょっとデザインよく・・と突っ込みたくなりますが、全体的にはこれでいいと思います。

・この車にはタコメーターがないというのが、レビューでよくあるマイナスポイント。私もあればいいなと思っていたんですが、乗ってみると別にタコメーター無しでも問題ないですね。スマホにBluetooth接続してタコメーター表示できるルノー謹製アプリがあるのですが、使ってみたところで別になくてもいいなと思いました。

・価格の割にはコクピット周りは結構多機能。使い方を覚えるのが大変です。

・個人的に一番気に入ったのが標準装備のカーオーディオ。インテンスはウーファーが標準装備されていて、低音がズンズン響いて気持ちいいです。ラジオとUSBメモリで聞いていますが、Bluetooth接続もできます。プレイリストとしてたくさんUSBメモリを持ち込んで、差し替えて使っています。ディスプレイが多国語表示対応なのがすごいですが、もうちょっと良いフォントを使ってほしかったですね。あとラジオ放送局名が表示されないのが残念。操作は本体側で十分。ハンドル右横にもオーディオコントローラーがあるのですが、ほとんど使いませんね。

Img_bs

・外国車としては珍しく、ドアポケットにペットボトルが置けるのがこの車の良いポイント。国産車では当たり前のようにありますが、外国車はないことが多いんですよね。でもそのすぐ横に発煙筒があるのがショボい・・・

・肝心の運転ですが、結構なじゃじゃ馬っぷり。停止からの出だしが結構ガッタンガッタンします。アイドリングストップからの発進もエンジンがブルルンと大きな音がして左右に揺れます。前載っていたスイフトはスーッと発進したので、ちょっと不満。でもそれがいいと思ってこの車を選んだところもあるしなぁという感じです。走り始めるとスムーズです。高速でもガッと速度が上げられて気持ちいいです。

・この車のキモはやはりハンドルの効きの良さ、ですね。本当に小回りがよく効くので、街中ではとても運転がしやすいです。Uターンや駐車も楽チンです。

ということで、早速近場を走っています。カーナビどうするか迷っているのですが、今回はスマホでYahoo!カーナビを使ってみました。これ結構すごいですね。必要十分な働きをします。ただスマホの電源が急激に減っていくので、車からの電源供給が必要です。でもこの車、カーオーディオからUSBケーブルが差せるようになっているので、これで電源供給できます。逆にシガーソケットは後者席のほうにあるので注意が必要です。あとちょっと失敗した点は、今持っているスマホ、arrows M03は右側面にボタンが集中しているので、左右から抑えるスマホスタンドだと、ボタンを押しちゃうんですよね。なので、上下から抑えるスマホスタンドに変えました。これでカーナビは買わなくていいかなと思います。

エレコム 車載ホルダー スマホ・タブレットスタンド 繰り返し使えるゲル吸盤 幅10.5cm~18.5cmまで対応 ブラック P-CARTB01BK(amazon)

この車でいろいろなところ行きたいなぁ。

| | コメント (0)

2017.02.25

arrows M03購入。Android復活。

iPhone SEで脱Androidしてから半年、小さいスマホ好きとして選んだiPhone SEは、結局ちょっと小さすぎたみたいでした。オッサンには正直字が小さくて見にくいんですよね。じゃあiPhone 7とかにすればとも思ったのですが、まあいろいろ思うところがあって、またAndroidに戻ることにしました。

FARM06102 [arrows M03 黒](amazon)

いままでずっとAndroidスマホではシャープのAQUOSを選んでいたのですが、今回は富士通のarrows M03を選んでみました。SIMフリースマホは海外、特にアジアのメーカーが幅を利かせていて、国産メーカーは富士通とシャープ、京セラくらいしか無くなってしまいました。富士通は結構頑張っていると思いますし、このarrows M03はSIMフリー国産スマホとしては一番人気ではないでしょうか。

狙いどころは防水、おサイフ、そして価格ですね。正直、性能的にはこれといったものはなく、ミドルレンジだと思います。でも私は別にゲームとかそんなにやらないし、フルHDでなくとも構わないし、カメラもそんなに使わないですしね。ワンセグは、私は普段ほとんど使いませんが、災害とかがあったときに役に立つことがあるので、あったほうがいいと思います。

Dsc00248s_2

デザインは安っぽさを感じなくてていいですね。ガラスのような裏面と、アルミ製の側面。でっかく富士通のマークがあるのがちょっとアレですけど・・・
5インチというのは、今まで使った中で一番大きく、重いサイズです。でも思ったより薄くて軽く、持ちにくくはないですね。

iPhone SEと比べて残念なのは大きく2つ。一つは指紋認証がないこと。iPhone SEで慣れてしまうと、起動時のパターンや暗証番号などが面倒に感じてしまいます。富士通はケータイ指紋認証のパイオニアだと思うので、これは採用してほしかったです。もうひとつはUSB端子。これはどの向きからでも挿せるType-Cを選んで欲しかったです。これもiPhoneのlightning端子に慣れると、USBの向きを気にするのが面倒に感じてしまいます。ただこれは、Type-Bにも両向き挿しができるケーブルがあったりするので、それを使えばいいかなとは思いますが。

Androidでやはりいいなぁと思うのは、SDカードが使えること、アプリのウィジェットが使えることですね。昔使い慣れていたアプリがまた使えるようになったのは嬉しいです。SIMフリーのいいところは、余計なプリインストールアプリがないことです。キャリア向けケータイはキャリアサービスアプリが嫌というほど入っていて嫌だったんですが、SIMフリーはそれがないのがいいです。日本語変換も優秀なATOK。iPhoneよりも使いやすいです。

フィルムやケースなどは、ドコモのarrows SVと共通なので手に入れやすいです。これは実は買ってから気が付きました。

ということで、今のところは満足しています。富士通がSIMフリースマホに指紋認証を採用したら、また考えちゃうかも。

| | コメント (0)

2017.02.07

ルノー トゥインゴを注文する。

スズキのスイフトに乗ってから5年になろうとしています。スイフトは装備が充実していて、とても便利な車でした。でも、これに乗ってドライブしたことはほとんどありませんでした。不満はなかったんですが、どうも乗っていても楽しくないというか、面白みがなかったんです。で、これの原因は滑らかすぎるCVTかなぁと思うようになりました。スイフトの前まで乗っていた車はマニュアル車だったし、特に前乗っていたBMWミニはとても面白かった。じゃあマニュアル車を選ぶかというと、オートマの便利さというか楽さからすると、もう選べないなぁという気持ちでした。なので、マニュアルっぽいオートマ車、そして面白そうな車を探していました。

ニューモデル速報 インポート Vol.45 最新フィアット500のすべて(amazon)

まず最初に考えたのは、フィアット500ツインエア。発売当時の1リッター未満で2気筒エンジンというのにずっと気になっていました。試乗しましたが、あのバイクみたいなエンジン音はクセになりそうです。フィアット500を乗ったときに、隣りにあったフィアットパンダも考えちゃいました。こちらも同じツインエアエンジンで面白そうな車です。

ルノー・トゥインゴのすべて (モーターファン別冊 インポートシリーズ Vol. 57)(amazon)

で、次に考えたのがルノートゥインゴ。こちらも1リッター未満でリアエンジンのリア駆動という、他にはないようなデザインの車です。試乗すると、確かに後ろから押されてる感覚、前が軽いという感覚があって面白いです。

ニューモデル速報 第510弾 新型アルトのすべて(amazon)

最後に考えたのが、実はスズキのアルトターボRSでした。スズキはアルトワークスやスイフトスポーツなど、クルマ好きを狙う車を用意しますが、個人的には走り屋ヤンキーチックであまり好きではありません。その分、アルトターボRSはおとなしそうだけど、CVTではないし、パドルシフトもついている。そういうところがいいなと思ってました。

で、色々と悩んだあげく、決めたのがルノートゥインゴでした。理由は面白さとコスト、そして装備です。ルノートゥインゴとフィアット500はよく比較されると思います。見た目が目立つのはフィアット500ですよね。外も中もデザインが凝っているし。でもコストと装備を見ると、ルノートゥインゴのほうがお得感を感じるんです。フィアット500はどうやっても220万円くらいになりますが、ルノートゥインゴは200万円以下。そしインテンスならオートライトやクルーズコントロールなど、装備が意外と充実してるんですよね。もちろん、装備や維持費で考えると国産車であるアルトターボRSが一番なんです。ルノートゥインゴやフィアット500は装備やデザインにかなり割り切っているところがあって、細かく見ると「アレもない、コレもない」と思うところがあります。でも乗っていて気持ちいいのは、やはり外国車なんですよね。

でも正直、今はまだ「あーあ、買っちゃったなぁ」という気持ちですね(それに納車もまだだし)。車を買うのは神経を使います。でもこれで、またドライブに行くようになればいいな、と思います。

| | コメント (0)

«パソコン工房 11.6インチノートPC Stl-11HP012-C-CE